事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB)

2015-01-06 | 洋画

前作「竜に奪われた王国」はこちら

トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。指輪が象徴するものって、葉っぱ系?(笑)

原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志ですら三つなのに、五つもからんだらわけがわからなくなっちゃう。で、ご想像のとおりわけがわからなくなってしまいました(笑)。

もっとも、善良きわまりないホビット族、北欧色出しまくりのエルフ、その名のとおり小っちゃくて感情移入しやすいドワーフ、勇士も邪悪な奴もいる人間、そして見るからに邪悪なオーク(ちょっと亡くなった夏八木勲さんにも似ています。失礼)と、ルックスだけで見分けはつくようになっていますが。

それにしても最終作は陰惨なお話だ。最初から最後までほとんど殺し合いの連続。有機的な物語のつながりが感じられないので、いまひとつ弾まない。予定どおり二部作にしておくべきだったのでは……。しかしそのバトルがとにかく派手。「レッド・クリフ」「300」的なマスゲームに加え、異形の生き物が参戦するのは確かに見ていてうれしい。壮絶に死人が出てますけどね。

ストーリー上しかたがないこととはいえ、ごひいきのアンディ・サーキス演ずるゴラムは出てこないし(猿で手いっぱいかな)、ベネディクト・カンバーバッチがせっかく声の出演をしているのだから、ビルボのマーティン・フリーマンとのからみを増やして「シャーロック」ファンを喜ばせてほしかった。

まあ、いろいろ御託を並べましたが、わかっていてもラストで「ロード・オブ・ザ・リング」のオープニングにつながったときはうれしかったし、このシリーズがどんどん『サイズが違う種族を同一画面におく』テクニックにみがきがかかっているのを痛感。うれしい。さあこれで指輪サガは終了。年末はSTAR WARSサガの再開だ。そこまでは意地でも死ねねぇ。

コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 「黒書院の六兵衛(上・下)... | トップ | 「トラップ・ハウス」 石持... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ですよね (sakurai)
2015-01-20 10:01:12
自分の中で終結させないと、意地でも死ねない。
松川さんは、どんだけ無念だったかと思いますよ。
同じ映画オタクとして。。。
ということで、まずはきっちり終わって、何よりでした。
なんだかんだ文句言う気も起こさせない力でした。
まったく。 (hori109)
2015-01-20 21:27:59
映画ファンの死を、その観点から考えると本当に悲しいですね。
しかしこうなると、ちょっと嫌な予感がするとはいえ
エイブラムスのスター・ウォーズが終わるまでは
死ねない。おっと油断していたらジュラシック・パークの
新作まで夏に。へたするとシリーズ化するかな。
猿の惑星サガは……いつ心穏やかに死ねるんだか(T_T)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014) (相木悟の映画評)
名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! 壮大なシリーズの幕引きと前シリーズへのブリッジという意味では、文句のない豪勢な一本ではあるのだが…。 J・R・R・トールキン著のファンタジー小説の古典の映画化として、歴史に残る傑作となった『ロード・オブ・ザ・リ...
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」 (日々“是”精進! ver.F)
旅が、終わる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412130000/ 送料無料!!【予約要確認】【CD】映画 ホビット 決戦のゆくえ オリジナル・サウンドトラック/サ...価格:3,240円(税込、送料込)
ホビット 決戦のゆくえ (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー
「ホビット 決戦のゆくえ」 (或る日の出来事)
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。
ホビット 決戦のゆくえ (Akira's VOICE)
戦うしかないのであります!  
ホビット 決戦のゆくえ/イアン・マッケラン (カノンな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホ ...
ホビット 決戦のゆくえ(備忘録) (昼寝の時間)
2014年 アメリカ 145分 原題「The Hobbit: The Battl
映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 109シネマズさん主催のIMAXデジタルシアターでの試写会だ。客入りは前3列以外満席だ。
ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた....
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』 (水曜日のシネマ日記)
『ホビット』3部作の最終章です。
ホビット 決戦のゆくえ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは
『ホビット 決戦のゆくえ』 (こねたみっくす)
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...
『 ホビット 決戦のゆくえ 』愛だけが真実のものだから (映画@見取り八段)
ホビット 決戦のゆくえ~ THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES ~     監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、ルーク・エヴァンス、エイダン・タ...
ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 【ストーリー】 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリン...
ホビット 決戦のゆくえ (迷宮映画館)
ここはきちんと決まりをつける。大納得。
ホビット 決戦のゆくえ (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) 監督: ピーター・ジャクソン 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン 脚本: ピータ...