事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「戦国の教科書」 講談社

2019-10-16 | 本と雑誌

講談社は次々にうまい手を考える。決戦!シリーズで時代小説を若者に開放し、それでも足りないと教科書のようなつくりで戦国時代の短編集を編んできた。前説があって、手引きがあとについて解説。

確かに教科書と現在進行形で付き合っている世代に(毛嫌いする若者もいるだろうが)きちんとアジャストした読み物になっている。こんな教科書があったら日本史も楽しかったろうが……

そして次々に新しい書き手を発掘し、提供し、そして囲い込む(笑)。商売として万全。末國善己の解説もすばらしい。

書き手は矢野隆、今村祥吾、木下昌輝、沢田瞳子、武川佑、天野純希。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「ディオゲネス変奏曲」陳浩... | トップ | 勝手に人生相談Vol.28 スナ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事