事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

八重の桜~第十三話「鉄砲と花嫁」

2013-03-31 | テレビ番組

77792_400_2 第十二話「蛤御門の戦い」はこちら

前回の視聴率は13.9%。いまひとつだなあ。わたしにはどこが面白いのかさっぱりわからない「純と愛」が最終回に向けて率を上げているのにね。おそらく宮藤官九郎脚本の「あまちゃん」は、逆に苦戦しそうな気がする。壮絶に面白そうではあるけれど。

さて、八重にはついに新展開。ワンクール終了ですからね。

「わたしと、夫婦になってください」

「…………はい」

剛速球をど真ん中に投げ込むプロポーズ。尚之助の求愛を受けとめるまでのやりとりは、会津らしくなかなかめんどくさかったですが(笑)

尚之助の新式銃の勘所はライフリング。螺旋を切るという、いまでは常識となっている工夫。蛤御門の変で、薩摩が使用していたものだ。実はわたしたちの性器にも同様のしかけがあって、オシッコが(別のものも)遠くに飛ぶようになっています。

話がいきなり下ネタになっちゃいましたが、大阪では勝海舟と西郷隆盛が会談。江戸城が初対面じゃなかったんですね。それにしても吉川晃司の西郷ははまってる。柄で押し出す感じがとてもいい。うまい年のとり方をしたなあ。

中村獅童演ずる佐川官兵衛は、ついに念願かなって京に。そういえば新選組のときもみそっこ扱いだったので、うれしさひとしおでしょうか。

ここまでの展開でうまさを見せたのは秋月悌次郎役の北村有起哉。常に裏方にまわる運命の人。八重の祝言では仲人をつとめる。こんないい役者がいたんだなあ…………えええっ、この人北村和夫の息子だったの?いやはや。

逆に、コント芝居で困ったちゃんだったのが剛力彩芽。みんなが売り出そうと一生懸命なのはわかるけれども、売り方が強引すぎませんか。なんでもかんでも露出すればいいというものではないはず。巨乳でもないのに「ビブリア」。柄じゃないのに「プロメテウス」の吹替。やれやれ。

当然巨人戦が裏に来るので苦戦するかと思ったら、日テレはイッテQスペシャル。あ、そっちの方が強敵か。しかし先週の視聴率トップ20を見てびっくり。フジテレビは「サザエさん」しかランクインしていない。時代は変わったなあ。

次回は、それでも14%台復帰でしょう。みんなお祝い事が好きだし。

第十四話「新しい日々へ」につづく

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« シネマの極道~俊藤浩滋篇 | トップ | 今月の名言2013年3月号~番組... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

『八重の桜』第13回「鉄砲と花嫁」★白無垢の八重(綾瀬はるか)さん綺麗 (世事熟視~コソダチP)
『八重の桜』第13回「鉄砲と花嫁」 「池田屋事件」の責任をとらされて公用方を解任された秋月悌次郎(北村有起哉)が山本家を訪ね、角場で八重(綾瀬はるか)の鉄砲の腕に感心しきり・・・。 秋月「これを川崎殿が一人で作られたのか?」「これなら会津でなくとも
八重の桜第13回 (虎哲徒然日記)
さすがに今回は八重メインの回。いつ以来?もしかして初回以来か。 帰国した秋月が山本家を訪問し、覚馬の伝言を伝える。すなわち、縁談を撤回し、尚之助の他藩への移籍をすすめ ...
八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」 プロポーズの返事は「・・え?」 (風のうわさ)
八重さんを主人公にした小説はいくつか出ていますが、わりと史実が詳しく出ていて、大河ドラマに近くて 面白いのがこちら。「幕末銃姫伝 - 京の風 会津の花 」この本の八重さんは、大蔵との切ないロマンスなんかもあって、大河ドラマよりも ちょっと女らしいですw...