事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

日本の警察 その82 「警視庁文書捜査官」 麻見和史著 角川書店

2016-04-26 | 日本の警察

その81「犬の掟」はこちら

警視庁の捜査一課に文書解析班が存在していて、そのトップは(人間としてはかなり欠格しているが)文字オタクの女性刑事だった……まあ、実際にはこういうセクションはないんでしょうが(むしろ法医学のエリアにありそうだ)、なかなか面白かったです。

初めて読む作家だったけれど、ジェフリー・ディーヴァーの「悪魔の涙」(筆跡鑑定士が主人公)の向こうをはる設定はうれしい。にしても、事件そのものはかなり無理筋って気もしますが(笑)。

その83「松谷警部と三ノ輪の鏡」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 真田丸 第十六回「表裏」 | トップ | 日本の警察 その83 「松谷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の警察」カテゴリの最新記事