事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「日本橋本石町やさぐれ長屋」宇江佐真理著 講談社

2017-09-16 | 本と雑誌

まるで落語に出てくるような裏長屋における、小さな出来事の数々。現代人ならこの徹底したご近所づきあいに辟易することだろうけれど(わたしは辟易します)、板子一枚下は地獄でもあった、生命保険も生活保護もない江戸では、これは一種の社会保障だったんですよね。住人が飲む安酒がひたすらうまそうだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「三鬼」宮部みゆき著 日本... | トップ | おんな城主直虎 第37回 武... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事