事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「逆回りのお散歩」 三崎亜記著 集英社

2013-03-21 | 公務員

51uk1rzqmpl_sx230_ おなじみ、元市役所職員である三崎の公務員もの。平成の市町村合併にからむ陰謀と悪意。大衆をコントロールするとはどんなことなのかを、三崎が行政の側にいたからこそクールに描いているとすれば、地方公務員とはよほど冷静で底意地が悪いということに(笑)。

辞令交付という形で赤紙を描いた「となり町戦争」の前日譚「戦争研修」もかなり読ませる。役人は目的を遂行するための方法論について、必死でお勉強する。たとえ、その目的が間違ったものであっても。

逆回りのお散歩 逆回りのお散歩
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2012-11-26
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「リカーシブル」 米澤穂信... | トップ | 「泣き虫弱虫諸葛孔明 第参... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公務員」カテゴリの最新記事

トラックバック

行政の操り (笑う社会人の生活)
小説「逆回りのお散歩」を読みました。 著者は 三崎 亜紀 表題作の中編と短編1作からなる構成 市、戦争、行政 ネット、デモ・・・ これらをモチーフに著者らしい、ちょっと不思議な世界で見せていく 「となり町戦争」から派生、続く物語ということです