事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第一回 「船出」

2016-01-10 | 大河ドラマ

さあ大河。去年は現総理へのヨイショ企画だったので完全に無視したけれど、今年は「龍馬伝」「軍師官兵衛」につづいて全話征服する覚悟でございます。

なにしろ大好きだった「新選組!」以来の三谷幸喜大河。その山南敬助役でブレイクした堺雅人主演。彼と「アフタースクール」で共演した(そして三谷とならんでコメント芸が光る)大泉洋が共演なのだ。見逃してなるものか。

思えば内田けんじがかましたあの映画から8年。ふたりとも(もうひとりの主演である佐々木蔵之介も)ビッグな存在になったなあ。

今年は題材が真田幸村で、大河ドラマよりも大河っぽかった(大原誠さんが演出なのだから当然なのだが)水曜時代劇「真田太平記」で幸村を演じた草刈正雄が父親役で登場。これは確信犯のキャスティングでしょ。三谷幸喜は絶対にそのあたりはねらったはずだし、古畑任三郎「ゲームの達人」における草刈の好演が背景にあったのだろう。

この、陽性なキャストは「新選組!」の反省をもとにしているんだと思う。思えば陰惨なお話だったあの大河(なにしろ内ゲバの連続ですから)と同じように、最後が悲劇に終わるお話なのだから、語り口だけでも徹底して明るくしようという魂胆だと思います。


期待が大きすぎると落胆も大きい、と思いつつも早く観たくてBSで6時から。

……見終わって妻と顔を見合わせる。

「これ、なに?」

「すごいね(笑)」

期待以上に面白いっ!草刈正雄の枯れっぷりが泣かせるし、大河ドラマの申し子、平幹二朗の息子、平岳大が武田の滅びを体現していてすばらしい。

ということで新企画、今週の名言。

「わからぬ」

信頼していた部下の裏切りを受け、どこに向かうのかと問われた武田勝頼(平)の正直なひと言。視聴率は、昨年の惨敗の影響があろうとも18%超えと予想。視聴率男、堺雅人がいるしねえ。

第二話「決断」につづく

コメント   この記事についてブログを書く
« 「鍵の掛かった男」 有栖川... | トップ | 「ブリッジ・オブ・スパイ」B... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事