事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「現金に体を張れ」The Killing

2019-04-05 | 洋画

スタンリー・キューブリックのハリウッドデビュー作。タイトな仕上がりで、時制が何度も前後するなど複雑な脚本なのに一気に見せる。書いたのは「ゲッタウェイ」のジム・トンプスン。

スターリング・ヘイドンやヴィンス・エドワーズ(妻は「きゃあああ、ベン・ケーシーの人ね!」と喜んでました)など、男くさいお話ではあるけれど、わたしは女優陣にノックアウトをくらった。

ヘイドンの恋人のコリーン・グレイは

「わたしは可愛くもないし賢くもないけれど」

なんて言ってますが、いやいやとてもキュート。きわめつけは欲と愛人のために強盗計画をもらしてしまう悪女マリー・ウィンザー。いやはやセクシーですこと。こんな女優もいたんだなあ。この直系が「バリー・リンドン」におけるマリサ・ベレンスンですよね。

資金提供者がヘイドンを見つめるしぐさがどう考えても同性愛者だとか、陰にはいろんなプロットがしこんであるみたい。すごく面白いですこれ。上映時間はわずか85分。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« うまい店ピンポイント2019 ... | トップ | うまい店ピンポイント2019 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事