事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「パラダイス・ロスト」 柳広司著 角川書店

2013-03-27 | ミステリ

Paradiselost 「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」につづくD機関シリーズ第三作。今回も結城中佐の魔王っぷりがさく裂しています。

その名のとおりこの作品においても彼は一種の神として君臨。D機関のメンバーたちは使徒として世界に散らばる。神だから当然誤謬もあるはずなのに、結城の策は敵のはるか先を読んでいる。部下に対する目は厳しいと同時に慈愛にみちてもいる。やはり、神だ。

結城の過去についての短編もしこんであって、これがなかなか読ませる。そして「ああ、この感じはどこかで読んだことがあるなあ」と思ったらゴルゴ13の「芹沢家殺人事件」じゃないですか。そして、あの劇画と同様に……

パラダイス・ロスト パラダイス・ロスト
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2012-03-24
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「本棚探偵の生還」 喜国雅... | トップ | シネマの極道~片岡千恵蔵篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミステリ」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

スパイ小説 第3弾 (笑う社会人の生活)
小説「パラダイス・ロスト」を読みました。 著者は 柳 広司 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ 第3弾 今回もD機関のスパイを見せていく構成 3つの短編と初の中編が1つ 最初の2つ「誤算」と「失楽園」は今までの感じで! 悪くはないけど そこまでの驚
『パラダイス・ロスト』 柳 広司 (日々の書付)
旧日本陸軍のスパイ組織・D機関の活躍を描いた『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第三弾『パラダイス・ロスト』。スパイたちの繰り広げる頭脳戦は、読むたびに痛快で、ハラハラドキドキさせられます。 ・誤算 フランスへ潜入したD機関メンバー「島野」は、不測の事故で