事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部」 酒見賢一著 文藝春秋

2013-03-22 | 本と雑誌

9784163814803 第弐部はこちら

いよいよ、赤壁の戦い……なのに、酒見は徹頭徹尾「赤壁は周瑜と曹操の争いであって諸葛孔明は脇役にすぎない」というスタンス。

よく考えてみればそうだよな。当時の劉備は、およそ呉とタッグを組むというような戦力は(張飛とか関羽とか化け物をかかえているとはいえ)もっていないわけだから。

余人を煙に巻いているだけ、という孔明のいかがわしさと、おそらくは実際もそうだったのであろう野人が多かった呉の人物たちが広島弁で語りまくるリズムが笑わせてくれます。でも大好きな孔明の奥さんをもっと出してほしかったな。これ読んでから「レッドクリフ」見るともっと笑えるかも。

怒涛の第四部はこちら

泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2012-07-25
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「逆回りのお散歩」 三崎亜... | トップ | 「タクシー・ドライバー」Tax... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても魅力的な記事でした。 (職務経歴書の営業)
2013-07-20 01:50:10
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事