事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

これでいいのか山形県PART12 所得ランキング篇

2015-05-24 | 社会・経済

PART11「米沢市」はこちら

さて、立地から、新潟と福島との親和性が高いと想像できる米沢以外の置賜地域の特徴を示す数字がある。市町村民所得ランキングというやつだ。最新の数字を県のホームページからひっぱると

1.山形市  290万円

2.東根市  278万円

3.天童市  266万円

4.寒河江市 265万円

5.米沢市  261万円

6.三川町  251万円

7.酒田市  251万円

8.長井市  245万円

9.鶴岡市  240万円

10.新庄市  239万円

……市部、特に村山が強いのは当然のこととして、20位までの中位層には南陽、小国、高畠などの置賜勢が並ぶ。実は置賜はIT関連企業が多く進出し(だから数年前は多くが撤退して疲弊した)、大企業が立地するせいで、世帯当たりの人数も少なく(地元以外の人が多いので)、給与水準も高いのだという。へー。なにしろ、米沢のふるさと納税の特典がノートパソコンという土地柄ですからね。

で、興味がおありでしょうからワーストテンも紹介すると。

10.西川町  197万円

9.大石田町 193万円

8.最上町  186万円

7.鮭川村  185万円

6.舟形町  181万円

5.朝日町  174万円

4.大蔵村  173万円

3.真室川町 165万円

2.金山町  165万円

1.戸沢村  165万円

……もちろん、ベストでもおわかりのように世帯人数や年齢構成が激しく影響するわけだから、この結果だけで最上がしんどいと結論づけることはできない。で、次はその最上に行きます(笑)。

画像は、赤湯にある龍上海本店の辛味噌ラーメン……ではなくて、おとつい食べた東根の龍上海のもの。味はほぼいっしょでした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「君よ憤怒の河を渉れ」 (1... | トップ | 「龍三と七人の子分たち」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事