事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第四十二回「味方」

2016-10-23 | 大河ドラマ

 

第四十一回「入城」はこちら

前回の視聴率は15.4%と微増にとどまった。裏の日テレが大騒ぎだったにしても、それを蹴散らす勢いがほしかったなあ。今回は日本シリーズが裏にあるわけで……にしても、さほど脅威に感じないあたりがプロ野球ファンとして哀しい。わたしも、どちらも好きな球団ではあるけれども、菊池の守備(むちゃくちゃに凄いですよね)と黒田の粘投以外はさほど……。

さて「味方」。どう考えても三谷幸喜は「清須会議」Vol.2をやりたかったのだ。あの映画とこの大河には共通のキャストが数多いことでそれは歴然(まあ、三谷組ですけど)。大泉洋、寺島進、小日向文世、鈴木京香、迫田孝也など。しかしそれ以上に、滝川一益を演じた阿南健治が長宗我部盛親という、あの映画と似たようなスタンスの人物を演じたことで同じ匂いがプンプン。

加えて、先週は「なんとか官兵衛」ときりちゃんに言わせて軍師官兵衛に突っこみを見せれば、今週はお江(新妻聖子)に秀忠が「控えておれ」とかますなど、大河ファンへのサービスもたっぷり。

つまりは、ゴールが見えてきたので余裕かましてるってことですかね。そのなかでも笑えたのは織田有楽斎を演じた井上順。あの、無能だけれども戦国の世を生き抜き、それどころか有楽町の名でいまも脈々と息づいている人物の描き方など絶妙。

くわえてお名刺を配りまくる塙団右衛門や父親の策を自分のものだと言い張る幸村など、大坂城の混沌は秀頼や大野修理を悩ませはしただろうけれども楽しそうだ。いまでも、大坂方へのシンパシーが強いのは、この野放図さがあったからかも。

でも大変そうだよね大坂城。部屋割りであそこまでもめるんだからなあ。今回はシチュエーションコメディ(三谷幸喜はホテル好き。大坂城をグランドホテルに見立てている)なのでそう視聴率は望めない。よくて16%台かな。弱気ですわたし。

コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 戦後の音楽文化PART3 吹奏楽... | トップ | 戦後の音楽文化PART4 合唱 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長宗我部 (mumioli7)
2016-10-23 22:01:54
数年前に高知に行ったのですが、かの地ではまだ長宗我部が慕われてるのですよね(居住跡が残ってたり、居酒屋
「長宗我部」なんて店もあった)。確か「龍馬伝」でも土佐藩の上士と下士のこと(長宗我部の一族は下士として藩の中でずっと疎んじられた)も出てきたし。

20数年来の友人が広島ファンなのですが、今日も昨日も歓喜しまくりです。まあ、25年ぶりだから仕方ないですね。(そういう私は物心ついた時から某スポーツ紙を宅配で読んでたGファンです…)。
そうだったそうだった。 (hori109)
2016-10-24 21:02:01
長宗我部の人たちは、虐げられて
いたからこそあの連帯があったのかもね。
よく考えたら彼らの末裔が徳川をひっくり返した
わけだ。お勉強になるなー。

にしても激ペンを読んで育ったら巨人ファンに
なるよね(笑)

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」第42回 (日々“是”精進! ver.F)
総大将、辞退… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610230000/ 真田丸 完全版 第参集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]
NHK大河ドラマ「真田丸」第42回「味方」 (真田のよもやま話)
ゆーうらーくちょーおでええあいまああしょおお~、でお馴染みの有楽町の名前の元の織田有楽斎様!本日から本格参戦だそうで~~。しかもこれ、演じてるのがピッカリコニカのピー......
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第42回「味方」感想  三谷幸喜は後藤又兵衛が大嫌い? (しっとう?岩田亜矢那)
「我々は徳川に楯突いて」なんて事を言ってたけど、 当の本人の後藤又兵衛は例外。 又兵衛が楯突いたのは黒田長政であり、 それも堀田作兵衛のような信念に基づいての物ではなく、......
真田丸 第42回 (レベル999のgoo部屋)
「味方」内容大坂城に幸村(堺雅人)は入城した。秀頼(中川大志)に挨拶後、茶々(竹内結子)のもとへ向かい決意を語る。そこに茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)がやってくる。......
大河ドラマ 感想 真田丸 第42回「味方」 (架空と現実の雑記帳)
幸村の抵抗勢力として1枚岩だとおもっていた又兵衛と勝永でしたが、勝永の「格の違い」発言で2人が喧嘩になったりして(笑)、豊臣方の寄せ集め感がよく出ていました。
【真田丸】第42回 「味方」 感想 (ドラマ@見とり八段)
幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。 一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。 大坂城に集まった牢......
大河ドラマ「真田丸」 #42 味方  (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
大坂城に入城した幸村。
真田丸 第42回「味方」~このいくさ、十分に勝てる! 勝算は這い上がろうとする者たち! (平成エンタメ研究所)
「源次郎がいることで烏合の衆であった敵がひとつになる」  徳川家康(内野聖陽)はこう懸念するが、まだまだ、ひとつになるには前途多難であるようだ。  現在、大坂城で問題に......
真田丸「味方」 (のほほん便り)
幸村(堺雅人)は大阪城へと入場し、凛々しく育った、秀頼(中川大志)や、茶々(竹内結子)と再会するも、なまじ厚遇されたり、名将の噂がたつと、それはそれで、嫉妬やそねみが......
真田丸、真田フランコ!! (函館 Glass Life)
いよいよ大阪城に入った浪人達の権力闘争が始まり ましたね 秀頼は総大将を幸村に任せたかった様ですが、中々 思うように行きません 豊臣恩顧の大名が一人でも味方に付いていれ......
真田丸 第42話「味方」 (昼寝の時間)
公式サイト 幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。一方、
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い42幸村大坂5人衆として評定を纏め戦う体制を...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第42話は大坂城へ入城した幸村はそこで淀殿と再会を果たす。しかしそこでは大坂城に集まった多くの浪人たちで纏まりのつかない状況に陥っていた。そんな中......
真田丸 第42回「味方」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第42回「味方」 あらすじ・・・・・・・