事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

古都の事件 Madonna - Lucky Star (Official Music Video)

2019-07-19 | ニュース

Madonna - Lucky Star (Official Music Video)

京都アニメーションの事件はひたすらに悲しい。あの会社ほど「死ね」という言葉が遠い存在はないはずなのに。おそらくは、例によって「おれの人生は誰かによって侵食されている!」的な思考の持ち主の犯行だろうと想像はしますが。

世の中の邪悪さをむき出しにされた日だからこそ、読売新聞「編集手帳」を全文。

往年の人気漫画、赤塚不二夫「天才バカボン」に谷川俊太郎さんが詩を寄せたことがある。語り手はバカボンのパパで、詩には自分の中にすむもう一人の自分が登場する。

自分トフタリッキリデ暮ラスノダ……

自分ガニコニコスレバ

自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ

自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ

スグニ自分ト仲直リスルノダ

自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ

自分ハ自分ニ優シクスルノダ

きのう政府が発表した自殺対策白書に、「自分と仲直りして」「自分に優しくして」と呼びかけるパパの声を聞く思いがした。

未成年の自殺死亡率が統計開始以来、最悪となった。白書は原因を小中学生では親子の不和が多く、少し上の世代では学業不振、進路の悩みが目立つとしている。最初から自分にがっかりして生まれる人などいるはずはない。前述の詩はこう結ばれる。

自分ハ自分ガ好キデタマラナイ

自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ

ソレホド自分ハスバラシイノダ

あまりにつらいことがあると、自分を好きなことを忘れてしまうのかもしれない。もしものとき、思い出すのだ。

……ああ、すごい文章芸だ。文章で人を鼓舞することができると信じることができる。

さて、うちの学校ではこのコラムが評判だったけれど、バカボンのパパが何才か知ってますか。答は「元祖天才バカボンの春」にあった。作詞は赤塚不二夫本人。なんと犯人と同じ41才ですよっ!

そして盆栽をいじる磯野波平は確か53才。1960年生まれとしてはいろいろと考える。

本日の1曲は、もちろん「元祖天才バカボンの春」をお送りしたかったんだけどろくな動画がないのでマドンナの「ラッキー・スター」を。彼女が一学年上だと思うとちょっとホッとするのだ。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 明細書を見ろ!2019年7月号 ... | トップ | 「ゆとりですがなにか」(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事