事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

追悼バート・レイノルズ

2018-09-08 | 芸能ネタ

そうか、バート・レイノルズが亡くなったのか。享年82才。イメージからして、もっと早死にするかクリント・イーストウッド以上に長生きするかだと思っていたのに。

人生山あり谷ありを地で行ったような人。ヒット作を連発するかと思えば自己破産まで。私生活も恵まれていたとはいえないようだが、多くの美女たちと楽しんだことだろう。ロバート・アルトマンの「ザ・プレイヤー」に本人役でちょいと出て、ハリウッドに皮肉をかますのが芸になっていたので、だからこそザ・ハリウッドな人でもあった。

「トランザム7000」や「キャノンボール」で稼ぎまくっていたころの彼には実はあまり興味がなくて、それ以前の「ロンゲスト・ヤード」が最も彼らしい作品だったと思う。愛人の顔をマジで殴り、刑務所に収監。憎々しい所長や看守(エディ・アルバートとエド・ローターが最高)に虐げられた彼は囚人チームを率いて……ロバート・アルドリッチの傑作なのでぜひ。

熱血なタイプに見えて、実は監督としてもシャープ。「シャーキーズ・マシン」は傑作だった。この映画にしても「ハッスル」にしても、娼婦を相手にすると彼は光り輝いた(笑)。レイチェル・ウォードやカトリーヌ・ドヌーブというチョイスもすばらしい。

彼の演技の最高峰は文句なくポール・トーマス・アンダーソンの「ブギーナイツ」。ある“才能”をもっている青年(マーク・ウォールバーグ)をスカウトしたポルノ映画監督役。ザ・ハリウッドな人という印象がここで生きる。

最晩年に至るまで作品が途切れず、生涯現役だった様子。彼の死は大々的に報じられた。大好きな人だったので、そのことが素直にうれしい。“向こう”でもがんばってねバート。

来年は、ディカプリオとブラピが共演し、タランティーノが演出するという驚愕の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が公開される。はたして彼のパートは撮影されたのか、あるいは代役を立てるのか。いずれにしても、必ず見に行きます。

コメント

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」Scent of a Woman (1992 ユニバーサル)

2018-09-08 | 洋画

オリエント急行殺人事件」「アントマン&ワスプ」と、ちかごろ絶好調のミシェル・ファイファー。昔の映画も観てみよう……えーと確かアル・パチーノと共演してるのがあったよな、とディスカスで検索。これだっけか、と何も考えずにポチッ。

さあ拝見しましょう。あれ?オープニングのクレジットにミシェルの名がない。しまった、ミシェル・ファイファーが出ていたのは「恋のためらい/フランキーとジョニー」だった!(スカーフェイスでも共演しています)。

まあ、ミシェル抜きでも面白ければそれでよし………………ってめちゃめちゃ面白いじゃないですか「セント・オブ・ウーマン」!

ボストンの名門校で学ぶ、苦学生のチャーリー(クリス・オドネル)は、金持ちのボンボンたちの校長へのいたずらのせいで、退学の危機にある。そんなとき、盲目の退役軍人フランク(もちろんアル・パチーノ)の世話をするバイトに向かう。フランクはいきなりチャーリーをニューヨークに同行させ、贅の限りをつくす。宿泊先はヒルトンのフラッグシップ、ウォルドルフ・アストリア。盲目なのにフェラーリを疾走させ……まるで、思い残すことがないように。

女の香り(原題)に歓びを感じ、傷つき、そして再び前を向く……一発大逆転のストーリーは「ミッドナイト・ラン」でいいところを見せたマーティン・ブレスト監督だからお手のもの。ボンボンのひとりが若きフィリップ・シーモア・ホフマンなのにびっくり。フランクとタンゴを踊るガブリエル・アンウォーの美しさときたら。

でもこの映画はひたすらアル・パチーノのものだ

彼がうまい役者であることは誰でも知っていて、だからむしろ退いた演技を見せるのかと思ったら、リミッターをはずしたかのように「これがうまい演技だ。これが名演だ」とかましている。

盲目の人間の動きを徹底的に研究したのだろうし、失ったプライドを次第に取り戻していく過程など、うなるほどうまい。でも、まさかこれだけわかりやすい演技でアカデミー賞を受賞するとは彼も思わなかったのではないか。

そして、彼に唯一のオスカーをもたらしたのがこんな娯楽作だったことが驚き。

コメント