事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」A Good Day to Die Hard(2013 20世紀FOX)

2013-03-15 | 洋画

Agooddaytodiehard ロシアのみなさんすみませーん!

この親子のおかげで何台のクルマがつぶれ、何百枚のガラスが割れ、何人が死んだことであろう。まあ、死んだのは悪人だけですけど。

「運の悪さは、遺伝する」というキャッチコピーは、ダイ・ハード3の「世界一運の悪い男」を凌駕してすばらしいんだけど、はた迷惑なことも十分に遺伝しているのでした。

音信不通の息子がロシアで逮捕され、おなじみジョン・マクレーン刑事は単身ロシアに渡る。見送る娘はつぶやく。

「パパ、トラブルは起こさないで」

マクレーンは心外だろう。だって彼は常に“まきこまれて”しまうヒーローなのだから。今回も、まさか息子の目的があんなことだとは思わずに顔を見せてしまったわけで……

演出は悪くない。裁判所にいる“標的”を奪うために武装集団がとる方法は迅速かつ確実(死んでもかまわないならね)。以降のカーチェイスも見せる見せる。57才になったブルース・ウィリス(この人はしかし勤勉な役者ですねえ)も動く動く。ひーひー言いながらも。

でもね、あるお宝が存在するのがチェルノブイリという設定はちょっと。あの原発事故は、悪徳政治家が私腹を肥やしたために起きたのだと結論づけられ、追う方も追われる方もみんな汚染地帯に入り(マクレーン親子はもちろん防護服なんか着ていない)、悪人どもはなんとなんと「こんなこともあろうかと準備してきた」と放射能を中和するガスを放出するのだ!

さーすがハリウッド。さーすが右翼20世紀FOX。おまけに、汚染されたプールに飛び込んだふたりは観客の心配を払しょくするかのように

「(プールの)水はだいじょうぶかな」

「雨水はだいじょうぶなんだ。髪の毛が(おれみたいに)抜けるぐらい。」

福島のみなさんすみませーん!わたしはこのシリーズのファンだからかろうじて許すけどさあ(笑)。

ま、出来としては「1」→「2」→「4」→「5」→「3」の順かな。

コメント (6)   トラックバック (1)