事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

八重の桜~第十話「池田屋事件」

2013-03-10 | テレビ番組

Gintamaimg01 第九話「八月の動乱」はこちら

前回の視聴率は15.1%。正解。やはりWBCの影響もろかぶり。そのうえイッテQが珍獣ハンターだったのでよくぞ保った方だと思う。

WBCは台湾戦がとんでもないことになっていたし、韓国が出てこない。しかもキューバをオランダが破るというびっくりな展開なので(侍JAPANがチームとして強くなるだろうが)会津の侍の方はしんどい。大河ドラマだけでなく、テレビ関係者はうんざりしているらしい。一種の、天災

そんななか、野球好きなのに「八重の桜」をちゃんと観ているわたしはえらいと思う。誰も言ってくれないけどね。酒田には綾瀬はるかが水曜日あたりに来てくれたらしく(相馬楼という料亭で舞妓さんたちと踊っていたとか)番宣もばっちり。

さて今回はかの有名な池田屋襲撃。監察山崎、副長土方、隊長近藤が活躍。沖田喀血。いっしょに見ていた娘は

「ぎ、銀魂。」

そりゃそうだけどさあ。

このドラマでは全員を惨殺したように描かれているが、実際には「新選組!」で描かれたように土方たちが遅れたし、生きたまま捕縛された志士も多い。長州はこれで激発。応ずる徳川慶喜は「会津の戦争」と吐き捨てる。政治。

「新選組!」のときよりコスチュームの浅黄色は薄い仕立てになっていて、階段落ちはむしろ派手。関係ない話だけれど、あの「蒲田行進曲」のファーストオファーは松田優作だったそうです。

八重は縁談が立ち消えになるなどあいかわらず。その原因が火薬の暴発という、すっかりドリフなパターンなので笑える。そのため、尚之助とのラブコメが進行するんだけれど、ラストに新島襄がついに登場。最初の夫と二番目の夫を同じ回にすえるのはなかなかの妙技。新島が密航する場所は函館でちょっとした名所になっていて、バスガイドさんに

「ここがぁ、同志社大学のぉ」

と説明してもらったことがあります。函館の女性と結婚すると勉強になります。

さて、オランダ戦は鬼のように日本が点をとりまくっているので、またしても15%台キープと読みました。

第十一話「守護職を討て!」につづく

コメント (1)   トラックバック (5)