毎日往復日記

家と会社の往復の毎日…だけじゃない。
ずーっと飲みすぎな自分を振り返るOL日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スペイン 6日目 その1

2010-10-24 | vacances
バルセロナ。

今日は一日観光しまくりデー!
調べれば調べるほど見所いっぱいバルセロナ。
厳選するのが大変だった。。。

朝は8時半に出たかったので、その前に朝食。
今までよりもレベルの下がる朝食だったけど、思ったよりはよかったw
クロワッサンにハムとチーズをはさむのが好き。

まずはここです。サグラダ・ファミリア。
地下鉄でサグラダ・ファミリアまで行き、まだ正面に着く前に
既に行列ができているのでとりあえず並ぶ。9時ちょっと前。
入ってからそういえば裏にも入り口があり、そっちは並ばないと読んだのを思い出した。。。遅!

あのおどろおどろしい外観とはうらはらに知らなかった、中はとても白くてキレイなのだ!
が、さっさとエレベーターに並んだほうがよいと判断し、次の列に並ぶ。
すぐにぎゅいーんと上に着いた。

おおおおお。
私はあの上にいる。塔の上にいる。
とても狭い石の通路。階段。本当に人がつくったものか。
いつのまにか後は降りるだけ。
細い石段を前の人が写真をとっている間は待ったり、待たせたりしながら降りて行き。

やっとエレベ乗る前にちょっと見たあの白いキレイな内装を見る。
ステンドグラスがすごい。
ひとつひとつに意味があるようなので説明文(英語)をとりあえず写真に撮る。

しかしあのどろどろとした有名な外装とは裏腹なあの内装のキレイさよ。

ステンドグラスのキレイさ、幾何学具合に心奪われる次第。

そして次はそこからまっすぐ斜めの道を進むとあるサンパウ病院へ。
病院とは思えないかわいい内装。
一時間後から始まる英語ツアー(結構高かった)を申し込む。
それまでフリーゾーンやスーパーをのぞいたりしてすぐ1時間。

工事中のためヘルメットをみんなでかぶりいざ案内ツアーへ。
フリーでは入れないゾーンに入り、とてもかわいいモザイク、タイル、まっすぐ見えるサグラダファミリア、
以前の病棟の説明を1時間半くらいじっくりと受けた。
これが、病院。

そこからは例の本を見ておいしそうなレストランへ行きちょい遅ランチ。
けれどイカ墨リゾットにお魚、デザートにワインで10ユーロ。超安いし~~!!!

で、ワイン一杯でいい気分になった(あれ、旦さんは二杯か)ワタクシたちは面倒なので
タクシーつかまえグエル公園へ。

グエルはガウディが使命の元作った公園、住宅街。
結局ガウディと使命者の二人しかおうちを購入しなかったという。。。

つづく
コメント

スペイン 5日目その2

2010-10-17 | vacances
バルセロナ。

13時。ホテルでチェックインして、バルセロナではもうこの本のおかげで
楽しさ倍増したと言っても過言ではないあの本(前述)に載っていたレストランへ。

ランブラス通りを脇に入り、ホテルより10分足らずで到着したのは「EN VILLE」
とてもお洒落~な広い暗めの店内。
日本人ゼロ。周りはオサレOLまたはヤンエグか。
前菜、メイン、デザートにワインがついて10ユーロくらい。
しかも料理が凝っててこれまたオサレ。
私は牛肉のなんだかやわらかいチョコレートソースを食べました。まいう!

おなかパンパンで市場をのぞいたり、街にあるガウディの街灯を見たりしてぷらぷら。
と通りかかったお店で旦那がまたバッグに引っかかった。
なんかかわいい感じのボストンバッグを購入。
そして、、、私はつられてポシェットを購入。19ユーロだった。安いね。
今思えば家計用の財布を買えばよかったぜ!!

またあの本にあった普段は怖くて通れないような水浸しになっているかなり裏通りにある
バッグ屋さんへ。入ったら、すごくかわいい赤ちゃんが床をハイハイしていてビックリ。
数は少ないけど手作りで作っているとてもかわいいバッグ屋さんだった。買いたかったな。。。

街の真ん中にあるカテドラルに入った。
中に入ると真ん中は木がいっぱい生えていて、がちょうががあがあ鳴いていて
ちょっと変わったカテドラルだった。

ちょいと疲れたのでテキスタイル博物館のカフェでカヴァを飲んだ。
こちらもオサレやな~~。なんかバルセロナって、、、、全部オサレ?
CREAに載っていたお土産特集で気になるものがいっぱいだったので
ショップを見たけれど、同じでなくあまり欲しいものが見つからなかった。残念!

で一応目をつけていたチョコレート博物館のショップものぞいたけれど、
カカオサンパカでチョコ買い捲った後なのでこちらも食指動かず。

そしてピカソ美術館へ行った。
そんなにお勧めされていない感じがネットで調べていたときに思ったんだけど、
子供時代の上手な絵が多く、まあそれはそれでおもしろいかなと思った。
ピカソ好きだし。パリのも行ったし。
しかしとても冷房効いていて寒く、鼻が止まらなくなり、頭が痛くなってしまった!!
今19時半。ホテルに戻って一眠りしてみることに。
繁華街なので夜遅くても食べるところはいっぱいありそうだし。

で、一度ホテルに戻り1時間程うっすらと寝てちょっと復活したので、
またあの本に載っていて、さらに地球の歩き方にも載っていて、今はやりらしい
市場に併設されたレストランまで行ってみることに。
ガイドブックにパエリアが載っていて、一度くらい食べておきたいよねと言われたしね。

広い店内は市場の脇にあるの?ってくらいまたオサレなのだ。
手前はバルになっていて奥がレストラン。
20時開店より1時間。既に結構席が埋まっていたが、ギリギリでカウンターに入れた。
おや?!どうやってメニューを見れば、、、、と思ったけれど、
よく見ると、4つのカテゴリー(肉、地中海、ベジタリアン、もうひとつなんだっけな)と
料理法がいくつかにわかれている表で、結構わかりやすかった。
が、パエリアはない。店員に聞くと、ないけどこれはとても近いと言われ、それを頼んだ。
あとムール貝の名前を発見し、頼んだ。
パエリア風のものは手長海老のサフランリゾットみたいなもので、まあ汁っ気は多いけど
パエリアっぽくはあり、おいしかった。
ムール貝もてんこもりが来てああ、コレ食べたかったと思えた。

気分上々までは復活していなかったので、こちらだけで退散。
市場直結の魚介類でおいしかった。し、安かった。あの本最高!

で帰ってゆっくりと寝ました。
が、外の通りががやがやしていたので1時に窓から外を見てみたら
街頭パフォーマンスで踊ってる男の子たちに人がいっぱい群がっていて
真上からよく見えたので、最後まで見守ってしまった。
こんな遅くなのに結構安全なのかしらね~~。
コメント

スペイン 5日目その1

2010-10-10 | vacances
(寝台特急)→バルセロナ

がたがたと意外と響くのでちゃんと寝たような、寝てないようなぼんやり具合で
7時前に起きた。
まだ暗い中、食堂車に行くと、昨日のかわいい女の子がニッコリキビキビ働いている。
まったくおなかがすいていないけれどちゃんと料理が出てきたのでできるだけ食べた。ふぅ。

と、ある駅でパッタリと止まってしまい。
ちょいと降りてホームから朝日の写真など取りながら、廊下で外を見ていたら
隣のスペイン人老夫婦も廊下に出ていたので、ゆびさし会話帳をここぞとばかりに出して話してみたが、、
なんとも老夫婦のため目が悪かった。。。。
まあなんとか会話したり、二度寝したりでそろそろ駅。

空港のようなバルセロナ・サンツ駅からホテルはもうタクシー、タクシー。
今度のホテルはランブラス通りという観光客でごった返している通り沿い。
11時とちょっと早かったので、あと1時間して戻ってきたらチェックインしていいよとのこと。

わーーい早速ゴーゴゴー!
1本横の大きな通りを北上すればガウディが作ったカサ・バトリョがあるはず。
ブティックいっぱいの通りをるんるん歩きながら、バトリョ手前のロエベへ。
ここも有名な人が作ったビルなんだって。
と!あれ??
なんとフランス語のクラスで一緒だった方に会っちゃった~。
あちらはきれいなワンピースにヒール。こちら、、、ああただの旅行者。
またね~~とバイバイして、隣はカサアマトリエール。
こちらも中がかわいいと聞いていたんだけど、なんか工事中みたい。。。
いつもの小心が出てしまい、通り過ぎてしまった。
あとで復習したら一階の奥にかわいいチョコレート屋さんがあったらしい!ああ!

そしてその隣の楽しみだったカサ・バトリョへ。
ちょっと前までは公開されてなかったらしい。よかった、見れて。
中は水をテーマにした直線なしの曲線だらけのおうち。
てすりも取っ手もステンドグラスもドアもすべてすべてすべてがいろんな青で
それはそれはとてもかわいいおうちだった。写真をとりまくってしまった。
日本語ガイドもあり、16ユーロはちょっと高いけどとっても満足でした。

そこからバルセロナの資料として購入していた「旅するバルセロナ」に載っていた
「HAKEI」へ。もともとはサンセバスチャンのお店らしい。
中はとてもOLなバッグに靴、洋服がいっぱい。しかもお手ごろ価格!!
赤いケリー的なビッグバッグを購入しました。
旦那はつられて(女子用なのに)斜めがけバックを購入。
このつられ買いとは相手が男子でも発生するものだと判明。

そして披露宴に来てくれた親戚たちへのお土産としてチェックしていた
丸の内の行列チョコレート屋「CACAO SAMPAKA」へ。
大量買いでちょっとお恥ずかしかったけど、これは、、きっと日本の1/6くらいの価格ではないだろうか~。
自分で食べるのも楽しみだわ。
ここのカフェでどうしてもアイスが食べたかったのだけれど、これからお昼に行かなくては
いけなかったのでちょっと断念。。

で2時間経ってしまったので、まずはホテルへ戻る。
ちょいと長くなり、(途中で消えたらやなので)一旦アップ。つづく。


コメント