毎日往復日記

家と会社の往復の毎日…だけじゃない。
ずーっと飲みすぎな自分を振り返るOL日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひさびさ和光

2007-10-29 | IZAKAYA japonaise
やっと私の和光バナに賛同してくれる人がいて、一年ぶりに和光へ。
また内装(?)が変わった。立ち飲みゾーンが減ってるような。
大勢だったので奥へ。でもうまく座れないし。
・地はまぐり
・あさり
・マテ貝
・地はまぐり(二度目・・)
・牡蠣
あとなんだっけ???
&卵焼き、パスタ。
店長だったのでしっかりと代金を取られた。ってこれが普通か!
コメント (2)

10月最終日

2007-10-29 | dance
歯医者に行ったらいい時間で終わってくれてストレッチのクラスから出れた。
あ~~体が柔らかくなりたい。。

台風で人数もちょっと少なめ。
いろんなことが早く終わり、コンビネーションの時間がいっぱい
一気にのばされて完璧じゃなかったけど、長くて楽しい。
もっとやりたい~と思っちゃった。

ヨガに飽きたのでたまにはパワーラッシュ。
腹筋が、、、、全然ダメ。次の日早速筋肉痛!
コメント

君と会えたから・・

2007-10-29 | livres
「君と会えたから・・」 喜多川泰 著

何を見て予約したのかまた不明。
自己啓発系の本だった。L25のすすめかな??

でも何気にちゃんと読んじゃった。
実践しちゃうかも。
コメント

セバスチャン・ブイユ

2007-10-29 | patisseries
美食の貴公子(だっけ?)がオススメしていたマカロンを買いに伊勢丹へ。
彼にNo.1と言わしめたマカロン、、ドキドキ

・ショコラエオランジェ
・グリオット(さくらんぼのコンフィチュール)

チョコ×オレンジは無条件に好きなので◎
グリオットはコンフィチュールが多すぎでちょっと濃ゆい。

次に通りかかったらシトロン買ってみよう~~
コメント

ルジュードュラシェット

2007-10-29 | cuisines fransaises
モナニベルセルで行ったフレンチにランチで行ってみた。

menu de シャンパーニュ
(飲み物+前菜、メイン、デザート、コーヒー)
Guy De Saint-Flavy(←多分・・・)をなぜかどぼどぼとグラスいっぱいに注いでくれた。。。。。。えへへなんでだろ。

・地鶏手羽先のコンフィ ラングスティーヌと季節野菜のラグー

ちょっと見た目が・・・煮物みたいだけど
濃い目のソースのかかった銀杏、サツマイモ、栗、いんげん、ごぼうなど秋冬野菜にパリッとした鶏と手長海老。美味しかった。

・海老の衣をまとった国産仔牛のリードヴォーソテー

こちらも見た目が・・・居酒屋?!みたいな。。
胸腺ぷるぷるで私も…ぷるぷるにゃならないか。
柔らかくて憧れ、、でなくて美味しかった。ちょい白子っぽ。
そして海老の衣が微妙に唐揚げっぽ。
インカのめざめを細切り揚げたものがお菓子みたいな甘さ。

・本日のデザート ティラミスのスープ仕立て

ティラミスをギュッとしたような感じ。上に乗ったフランボワーズも
&ダージリンetジャスミン。

HPを見たら、夜のジビエがおいしそうだ。。。。
行きたいが、ちょっつ高いのだよね。

その後お店~代官山~渋谷~青学手前まで歩き、CAFEdeCENTROというトコでお茶をして、話に出てきたデトックスティ&マカロンを求めて伊勢丹へ行くことに
コメント

イ・ビスケロ

2007-10-26 | cuisines italienes
先週の夜も行ったのに、今日はランチで・・

2000円のおまかせコース
前回と違うものが食べたいと図々しく言ってみました。デゾレ

真蛸のカルパッチョ サラダ


アンチョビとブロッコリーのリングイネ


チーズケーキ&カプチーノ

今日もボリュ満だった~~~。
タコの量がすごい!おいしい!
私はまあまあのタコ好きだけど真のタコ好き(マダコ好きじゃなくて)には堪らない一品です。野菜もみずみずしい。
事前に言ってたわがままを聞いてくれて、トマト系じゃないパスタにしてくれた。
夜来た時にキちゃんが食べたいと言ったのに家で作れそうだからと却下したやつ。
…ごめ~~ん!全然家で作るような塩味パスタじゃなかったよ!!
ブロッコリーは芯がちょっと見えるくらいであとはソースになってる!
濃い目ですごいおいしかった

コーヒータイムの時間が短いのがランチの難点。
もうちょっと会社が近ければよいのにな~~。
慌てて帰るって感じ。

う~~~ん今回も満足&満腹ふとる。
コメント

港町食堂

2007-10-25 | livres
「港町食堂」 奥田英朗 著

借りてみたら奥田さんの旅行記だった~。2004年の。
引きこもり気味の作家を船旅に連れ出すという新潮社の企画??
いろいろな港町で食べたり、飲んだり、人々と触れ合ったり。
いいな~日本各地でおいしいもの食べたいな~~。

小説は大好きだけど、たまにエッセイの口調が気になる部分アリ。
けど旅っていいね~~~。

船旅っつーと高校の時、二日かけて船で行った与論島を思い出すワ・・・
懐かしい!!


コメント

モーターサイクルダイアリーズ

2007-10-25 | films
ウォルター・サレス監督。
またガエルくん主演最近すっかりファンになってきた。

チェ・ゲバラが医大生の頃の南米縦断旅行の日記を忠実に再現した話。
最初は若い勢いだけだったエルネスト(ゲバラ)と親友アルベルト(ゲバラの実のはとこがやってる)が行く先々で出会う人々、環境に感化されて自分の進むべき道を見つけるお話。

チェ・ゲバラ=あのTシャツの顔、革命家、鈴木沙理奈が大ファンてことくらいしか知らないんだけど、青春!ロードムービー!みたいな情熱がとてもよいです。
ガエルくんがこれまたい~~~んだあの無垢な目に笑顔。無鉄砲な感じ。いつものごとくラテンフェロモンそんなんあるのか。

あいのりでも見たけど南米の自然は大きい~~~
マチュピチュもよかった(あいのりで行った人たちがかなりうらやましかった)

最初にココから入ったのでこういう人なのか~と思ったけど、もっとカリスマ的で崇拝されてる感じらしいす。
カストロとかキューバ革命のこと、世界史の現代史でチョロっとやっただけなのでもうちょっとよく知りたい。。

DVD特典のインタビューもよかったです。
監督やガエルくん、言いだしっぺのロバートレッドフォードの熱い気持ちが伝わってきた
コメント

恋するシャンソン

2007-10-25 | films
アラン・レネ監督。

7人の男女が織り成す恋愛模様を途中で急に歌い出す(本人の声じゃなくて本物の歌)映画。
旦那が浮気していたり、仲良くなった人が恋人の部下だったとかそういう感じ。

セルジュゲンズブールとか知ってる歌がいくつかあって、あ~歌詞はそういう話だったんだ~とわかった。。くらい。
コメント

色彩のファンタジー シャガール展

2007-10-22 | arts
シャガール展@上野の森美術館に行ってきた。
何気に二週間で三つの美術館。芸術の秋ね~。

ニースのシャガール美術館では光の降り注ぐ館内にあるたくさんの絵、ステンドグラスを堪能させてもらったけど、こんなに版画があるなんて!
旧約聖書に基づいて描かれたたくさんの銅版画、アラビアンナイトのリトグラフ、ダフニスとクロエのリトグラフ、ポエムに添えられた木版画、見逃しそうな部屋にあるサーカスのリトグラフ。それとイージスの撮ったシャガールの写真がたくさん!
オペラ座の天井画を描くシャガールの姿とか、素描の様子とか、ヴァンスを散歩するシャガールなど、絵とポートレイトしか知らなかったシャガールの素顔がよかった。
一番は聖書!二階にあがった途端ずらーーーーッと並ぶ版画はすご~いと思わず小声で言ってしまった。そしてまた思ったのは、、、高校と大学でちゃんと聖書の授業を聞いておくんだった。。。。という。
一応何にも習っていない人よりは身近に感じるけど。
メダイもいっぱい持ってるし(自慢にならない)。
↑おかげで奇跡のメダイのありがたみが薄れ気味。。。そんなことないです(誰に言い訳)

珍しく図録集を買ってしまった。だってポエムが会場では絵だけだったけど、ちゃんと詩も載ってたんだも~ん。
思わず聖書を読み返そうかと思ってしまった。
でもサーカスの文章が載ってなくて残念。時間がなくあまりちゃんと見れなかったから~。
コメント