hoppenの韓的な日々♪

2004年・夏、イ・ビョンホンssiに出会ってから韓流へ~韓国映画&ドラマで刺激的になった日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『僕の彼女はサイボーグ』:劇場鑑賞&舞台挨拶(2008.06.08)①

2008-06-11 12:21:42 | 日本映画のレビュー


『僕の彼女はサイボーグ』
(2008.05.31日本公開)

公式サイト:http://cyborg.gyao.jp/

僕の彼女はサイボーグ - goo 映画

近くの映画館で、主演の綾瀬はるかちゃん小出恵介くんの舞台挨拶があり、
見てきました。
映画の中のはるかちゃんは、サイボーグとしての魅力がいっぱいでしたが、
間近で見たら、これまた、めちゃめちゃ、かわいかったです!!
映画も、いろんなシチュエーションがうま~くまとめられていて楽しめました。
でも、ちょうど私がこの映画を見た直後に、
映画の中で、主人公のジローが心を痛めていたのと同じような事件が、
東京で起こっていました。
映画のように、時間を巻き戻して、サイボーグが現れてくれればいいのに・・・。

一人ぼっちのジロー(小出恵介)の前に、突然、彼女(綾瀬はるか)が現れる。
彼女は、ジローの25歳の誕生日を祝ってくれると、すぐに消えてしまいますが、
翌年の誕生日に、再びが現れます。
彼女は、未来のジローが作ったサイボーグだったのです!
サイボーグ彼女は、ジローに降りかかる災難から彼を守り、
彼が心を痛めた事件も、未然に解決していきます。
はちゃめちゃだけど、キュートなサイボーグ彼女に、ジローは恋をしてしまう・・・。
  

『ラブストーリー』『猟奇的な彼女』を生み出した、韓国のクァク・ジェヨン監督が、
日本で作った映画です。 

  ラブストーリー

レントラックジャパン

このアイテムの詳細を見る
  猟奇的な彼女

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
 

振り返ってみると、突っ込みたくなる箇所もあるんですよ。
大災害のシーンが変に大げさだとか、げろっぱシーンは不必要に汚いとか、
韓国映画によく出てくる、ぐるぐる回るカメラシーンで、酔って気分が悪くなるとか。
いまどき、旅の途中で、ゆでたまごは食べないしね~。
そして、東京が舞台のはずなのに、ロケ地が神戸らしくって、違和感が・・・。
「東京に、こんな重厚な建て方の大丸百貨店って、あったっけ?
 どっかで見た気がするけど。」
と思っていたら、神戸の大丸でした。
なんだか、大阪の中ノ島図書館も登場していた気がする。(ちがうかな?)
 

そして、ラストシーンのオチも、余韻が残るのが好きな私としては、親切すぎました。

ビョンホンssi
主演の『純愛中毒』は、クァク監督ラストの脚本です。
この映画のラスト、ウンスの決断が語られないままで、
その終わり方が私はすごく好きでした。
脚本を書いたクァク監督が監督までやっていたら、違っていたかもしれません。
ノベライズでは、ウンスのその後が、かっちり書かれているようです。
ちなみに、チョン・ウソン主演の『デイジー』クァク監督の脚本です。 
純愛中毒

エスピーオー

このアイテムの詳細を見る
デイジー アナザーバージョン

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

 
でも、そんな些細な矛盾点はケンチャナ、ケンチャナ!
だって、サイボーグ彼女役の綾瀬はるかちゃんが、すっごくキュートなんだもん。
(ここからは、ちょっと、ネタばれですが・・・)
小出君も印象に残ったという、冒頭とラストとのシンクロも、
はるかちゃんの表情の成せる業です。
はるかちゃんが見せてくれたもう一人の彼女
ジロー君にほろっとしてしまった彼女の行動力には、脱帽です。
  
 
クァク監督ミラクル脚本&演出で、奇想天外な話が、
あれよあれよとつながって、かわいいラブストーリーになっています。
テンポが良く、映像や音楽もかわいいです。
挿入歌のシーンがいくつかありましたが、MV♪としても素敵でした。
さすが、MV♪大国の韓国の監督です。

とても楽しめるラブストーリーだと思いますので、ぜひ、ご覧ください!


綾瀬はるかちゃん
小出恵介くんの舞台挨拶は、こちらです。
hoppenの韓的な日々♪より
『僕の彼女はサイボーグ』:劇場鑑賞&舞台挨拶(2008.06.08)②
http://blog.goo.ne.jp/hoppen_2006/e/9dd4f6d7e5a2296ff6db30a060c4372b


コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« SSFF(ショートショートフィ... | トップ | 『僕の彼女はサイボーグ』:... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天然舞台挨拶 (rabiovsky)
2008-06-11 21:03:08
TB&コメントありがとうございます
舞台挨拶が多いし めちゃめちゃ、かわいかった綾瀬さんを
見れたなんて羨ましい限りです。
それも天然な綾瀬さんが好きなのでね(笑)

私は正直、クァク監督はあまり好きじゃないんですよ。
だけど今回の映画は綾瀬さんが出ていてキュートだったので無問題です!
ツッコミどころ満載なところも楽しみましたしね!(笑)
げろっぱシーンは必要以上に多かったですしね!
韓国映画で免疫のできている私は普通に受け止めれました(笑)
慣れって怖いですね(笑)

神戸ロケ、違和感ありましたか!
hoppenさんは関西も関東も精通しているからかもしれませんね。
私は見る前から知っていたので神戸を探しながら見ましたよ!
南京町を2人で疾走する所は嫌いじゃなかったし!
免疫・・・・ (hoppen)
2008-06-12 23:54:22
>rabiovskyさん
私も、げろっぱも、ゆで卵を食べるのも、日本じゃないでしょ~と突っ込みながらも、抵抗なく見れてしまいました。
免疫がついたからなんですね。なるほど!

神戸のシーンも、映画の中にすんなり溶け込んでいたので、そんなには気にはならなかったのですが。
私は神戸で撮影したと知らなかったので、
重厚な建物の大丸を見て、あれっ!?と思ったんです。
東京には大丸はほとんどないのに。
三越や、日本橋高島屋でもないから、おかしいな~と。
エンドロールに神戸の名前が挙がっていたので、納得いたしました。

はるかちゃんの天然ぶりは、本物です。
2回目の舞台挨拶では、小出くんのことを「こいぴょん」と呼んでいたそうですよ。

コメントを投稿

日本映画のレビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

『僕の彼女はサイボーグ』 (Rabiovsky計画)
『僕の彼女はサイボーグ』公式サイト 監督・脚本:クァク・ジェヨン 出演:綾瀬はるか 、小出恵介 、桐谷健太 、田口浩正 、吉高由里子 2008年/日本/120分 おはなし Yahoo!映画 21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送った...