まるこビッチの鼻

今日も青空がきれいだな。良い日、良い日。

眼科行ってきました2

2011-03-09 | おもろい(?)雑記
 右目の瞳孔のサイズがようやく普通サイズに戻りました
 昨日行った眼科で注されたお薬の作用が結局半日近く残りましたね。

 しばらく前から右目の視界の真ん中に黄色い丸が見えるようになり、それが気になったもので目医者に行ったのだ。
 初めに軽く症状を聞かれ、視力検査をし、その後30分ほど待つと診察に呼ばれる。
 しかしその後が長かった

 いろんな薬を何度も注して、眼の中に大きなレンズを何度もはめて先生が覗いてみたり、他の部屋に連れて行かれて眼球の写真を撮ったり、また別の機械で眼の様々な検査をしたり、で。
 とりあえず出たデータとしては、右目の眼圧は若干高く、緑内障の疑いが軽くあるものの、それは眼の中の黄色い丸とは別問題で、右目の厚みが若干厚くなっているが、視力も軽い近視以外問題ないし、視神経にも異常は見たられないし、見えるものの乱れもゆがみも無し。
 瞳の中に一部シワがよっているらしいのだが(ちなみにそれは通常60代以降に出る症状らしく、「何でまだ若いのに?」と先生不思議げ)それが眼の中の黄色の原因か? と聞きますも、それもイマイチ断定は出来ないようで
 先生もその症状の根本的な原因がわからず、とりあえず3~4週間後にもう一度経過を見ると言うことで、と言われ、診療は終わってしまいました

 なんだか釈然としないまま、清算を済ませ、出されたビタミン入りの目薬を受け取りに薬局に行く。
 薬局の薬剤師さんに薬の使い方などを聞くとき、薬剤師さんが、症状の辛い時に一日2~3回ほど入れてください。それ以上は入れても意味がないですから、と言われるので、自分の症状は常時黄色い丸い色が見えるだけで症状がいい時とか悪い時とかの時はないのですが と言いますと、薬剤師さん曰く、「それは飛蚊症でしょう」とのこと
 目医者の先生は病名を全く断言しなかったし、飛蚊症とは一言も言わなかったのだが薬剤師さんは、それは飛蚊症です、と一歩も譲らない

 ……ワタクシのこの症状は一体なんなんでしょう
 あちこちで違うこと言われると患者は物凄く混乱するんですけど

 とりあえず、薬局から貰った赤いビタミン入りの目薬を今朝も指しました。
 しばらくは目薬を一日三回朝昼晩、と入れて、パソコンを見る時間も本や新聞を読む時間も少なめにして眼を労わって過ごそうと思っております
 金があったら次の診療までどこかの山奥にこもって緑ばっかり眺めていたいんですけどね 眼が癒されるばかりか視力まで回復したりしてね

 原因がわからない症状ってホント落ち着きませんことね。
 ストレスが一番の原因なんじゃないかな、とは思っておるのですがね

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 眼科行ってきました | トップ | 三月なのに…雪 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おもろい(?)雑記」カテゴリの最新記事