疾風の帰り径

BROACHに存在した「疾風の通り径」を移行しました
ブログ内リンクが以前のまま、画像が移行出来てないものは、修正予定

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盛岡まで行っても呑みたい会

2008-10-12 10:25:36 | 街角探検隊
 おととい、花巻・一関から帰ってきたばかりなのに、昨日はまた岩手へ。



 高速バスで、盛岡へむかうのです。
 昼に着いて、じゃじゃ麺屋さんへ向かう道すがら、じっくり見てみたかったこの建物。

by DP1



 レンガ造りで有名な岩手銀行中ノ橋支店
 なんですが、ブルーシートに覆われていました。うーーーん。



 残念。



 そしてじゃじゃ麺といえば此処といわれている



 白龍、ぱいろんです。
 岩手城内、内丸というお堀の内側になぜか飲食店が固まっていて、そこに本店と一軒置いて分店がありました。
 どちらも行列、満員。



 中じゃじゃ麺が500円、ちーたんたんが50円でした。つゆ入りの麺もあるそうで、次回試してみたいものです。
 美味いもんの詳細は、そのうち、んまいもんさんのブログに載りますので、そちらを見てください。
 仙台の美味しいじゃじゃ麺屋さん情報はここです。

 紺屋町へ
 有名な南部せんべいのお店があります。



 白沢せんべい店



 お土産を買い込む、んまいもんさんを横目に、私はお茶をいただきながら、店内を見学。



 昔の放送を白黒で再生していますね、面白い。



 このお店の斜向かいには



 昔ながらの消防団、紺屋町番屋。



 黒石を思い出しました。



 この辺りは、趣のある道で、お医者さんの建物にもこんなオブジェ。
 銀河鉄道の夜の登場人物たちでしょうか。

 酒蔵



 菊の司
 試飲は見当たりません。



 盛岡正食普及会(旧井弥商店)、明治の建物だそうです。



 自然食品のお店でした。



 黒い漆喰塗り。



 裏にはこんな石造りの蔵もありました。



 一茶寮
 ギャラリーとカフェですが、小林一茶と関係はあるのでしょうか。

 盛岡は、市内に北上川と中津川が流れています。



 中津川に、なにやら



 鮭の遡上です



 でかい、5-60cmはあるでしょうか。



 街のど真ん中で



 鮭がファイトしています。産卵が近いのでしょうか。
 中津川は盛岡市内で北上川へ合流する支流ですから、この鮭たちは少なくとも宮城の海から遡上してきたことになります。高速バスでも2時間半かかるのに。

 仙台市内の広瀬川にも、鮭は来ますが、広瀬川の川面はもう少し人間の生活空間からは距離がありますね。
 中津川の河原は本当に街の中、散歩道の延長線上にある感じです。すごく近い。上の写真なんて、28mm相当のレンズで撮ったものですから、鮭まで2mぐらいの距離ですよ。

 岩手公園、盛岡城址



 上に何かがもともとあったような像の台だけ。



 立派です。
 観光物産館もありました。



 今晩はこの中からどれを呑むのやら。



 今度は北上川、晴れてきて岩手山も見えてきました。



 この後、材木町の、よ市へ向かいます。いーはとーぶアベニュー材木町。



 毎週土曜日に15時から開かれる、よ市。朝市ではなくて、夜市ですね。



 観光客向けではなく、地元の人のための市場。



 楽しそうなイベントです。



 鉄道模型屋さんの前には



 そしてこの通りには、光原社という、出版社があって



 ギャラリーやガーデンが楽しめるのです。



 「注文の多い料理店」の出版元だそうです。



 北上川にも面していました。



 そして、今夜の集合場所へやっと到着です。



 もともと、地産地消レストランいさみや、というお店があったところが、地元の地ビール会社のビヤホールになっていて、そのビールがここで生で呑めるのでした。ビヤパブ・ベアレンの前。
 この日は、サエモンさんのブログオフ会。ここを基点に食べ呑み歩きます。



 準備万端。
 ここから、市内の巡回バス「でんでん虫」に乗って、再び中の橋方面へ。

 宴会は、「彩四季」で



 次から次と運ばれる、岩手の銘酒の数々。
 わしの尾、広喜、菊の司……

 巨大なドンコの肝味噌焼き。



 堪能しました。

 続いてJizake-Bar「蔵」

 

 岩手県内の地酒の蔵元が、協力して出店されている日本酒Bar。好きな地酒の飲み比べセットが500円から楽しめます。
 このお店でサプライズ。
 ここが岩手の地酒の専門店と知ってか知らずか(笑)、今回残念ながら欠席した大酒豪のなおさんから、綿屋の超限定酒が送られていたのでした。なおさんどうもありがとう。ここではどちらが美味しかったか、表明しにくいのですが、大変美味しゅうございました。

 またまた各酒を楽しんで、撤退です。

 繰り返しになりますが、今回の酒と肴の情報は

  サエモン@みちのく仙台~美味求真~

  んまいもん!inみちのく


をご覧ください。

 新幹線で帰仙しました。
 最終のはやて98号。全席指定かと思って指定席を押さえていたら、なんと自由席あるじゃん。
 東北新幹線の「はやて」と「やまびこ」の差別化システムと停車駅、わかりくいです。

 この日は何も買わずに帰ってきてしまいました。
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« いちのせきのいち | トップ | DC »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大名マーク)
2008-10-12 14:07:08
昨晩はお世話さまでした
今日の写真には
大名マークが写って
いるではありませんか
ビールが気になって
撮られているのに
気がつきませんでした(笑)
Unknown (風写)
2008-10-12 16:06:59
大名マークさん
お疲れ様でした。

写真、まずかったらトリミングします。

あの後もう一軒行かれたのですか?
Unknown (大名マーク)
2008-10-12 16:50:39
写真どうぞ
このままで結構です

あの後は居続けて
3人でしばらく
飲んでいました
Unknown (なお)
2008-10-12 22:46:03
風写さんお帰りなさ~い^0^
たくさんの盛岡写真見て凄く羨ましい気持ちになりましたょ。大名さん見つけた時「あっ!大名さんだぁ~!!」ってうれしくなりましたょ^u^
それから・・「地酒BAR蔵」さんの事はキチンと下調べ済みでしたょウフッ☆私の舌調べが出来なかっただけで(泣)
風写さんも綿屋好きでしたよね~是非飲ませたかったからヨカッタヨカッタ⇔自己満足です!^O^!
Unknown (風写)
2008-10-13 07:48:46
大名マークさん
了解です。
ありがとうございます。

なおさん
本当に驚きでした。
ありがとうございます。
忘れてしまったことがひとつ。
正しい、お酒の名前は何でしたっけ。綿屋限定の美味しいお酒。
Unknown (BMI)
2008-10-13 21:12:35
毎度楽しい旅を一緒できてよかったです
実に気持ち好く朝を迎えられましたねー
紳士的であった証拠でしょうか?
外は青空だし、何処かに行きますかーと準備していたら…
あはは、の翌日でありました。
んまいもんinみちのくでは来週UPいたします!
Unknown (サエモン)
2008-10-13 21:25:27
 みなさまお疲れ様でした。
 なおさん、鯛さんありがとうございました。

 その後二日間、原稿書きっぱなしで小説家のようでした。^^
何とか、盛岡オフ会全7編書き上げました。さすがに目が疲れました。寝ます。

Unknown (なお)
2008-10-14 20:26:55
綿屋のお酒の名前ね⇔「いちはさまのお米」と言うラベルでしたょ~^0^!
Unknown (風写)
2008-10-15 08:25:48
なおさん
ありがとう
そうそう
そんな名前でした

仙台中の在庫を買い尽くさないでくださいね

コメントを投稿

街角探検隊」カテゴリの最新記事