疾風の帰り径

BROACHに存在した「疾風の通り径」を移行しました
ブログ内リンクが以前のまま、画像が移行出来てないものは、修正予定

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東へ西へ栗駒へ

2008-10-09 07:42:24 | Touring
 ノーベル賞、今度は化学賞ですね、すごい。
 勢いで村上春樹まで獲っちゃいそうです。
 でも4人も5人もにもなると、なかなか顔と名前が覚えられません。

 5日日曜日、お気に入りの仁賀保高原を後にして、東へ向かいます。
 この鳥海山の北側、鳥海高原、仁賀保高原の辺りはどの道を通っても、本当に気持ちが良い道ばかりです。今回はほとんど鳥海山を拝むことは出来ませんでしたが、十分な広さの道ばかり、緩やかなコーナーが続き、適度なアップダウン。湖あり、牧場あり、車は少ないし、高速道路並みのxxで走ることが出来ます。いつまでも東へ西へ北へ南へ、走り回っていたくなります。
 そして、あらためてTTの素晴らしいハンドリングを堪能できました。良い車です。

 まだ昼前だし、今日は栗駒山を秋田側から上ってみる事に決めたので、県道32号線で大谷地池を掠め、フォレスタ鳥海の方を通る脇道を抜けて国道108号線に出ました。この108号線もそれはそれで楽しく走れる田舎道。しばらく走ると幹線の国道13号線に合流します。羽州街道。これを一旦北上して、須川で右折、県道51号線で温泉あり、湖ありの道を、小安峡に向かいます。これがまた良い道、ツーリング天国。途中に三途の川なんてのがありましたが、これはこの先に地獄があるからなんですかね。
 このあたりまで来ると、岩手宮城内陸地震の震源にも近く、道路にも爪あとが見えるようになってきます。

 小安峡でやっと稲庭うどんの昼飯にありつき、今度は南へ、もう栗駒山は目と鼻の先です。
 国道398号線。宮城県境の花山峠あたりまではいけるようですが、そこから先は通行止め、まだずたずたです。

by D40

 通ることが出来るこの国道から県道282号線の栗駒道路で15kmほどの間に15ヵ所位の交互通行の部分がありました。結構対向車とすれ違います。



 道路は特に橋の付け根が痛んでいるようで、橋の入口出口が工事中でした。
 それでも両側の自然は昔のまま。



 美しい栗駒山の紅葉が始まっていました。



 私はといえば、山にいまさら登るわけはなく、ここへ



 栗駒山荘ですね。なかなか予約が出来ないという人気のお宿ですが、この日も泊まれるわけはなく、立ち寄り湯でした。硫黄泉、600円。天気が良ければ鳥海山が見える露天風呂があるのですが、この日は視界不良、五里霧中。
 駐車場もいっぱいで、災害があってもここに来たい、栗駒を応援したいというリピーターの多さがうかがえます。
 岩手県側にある須川温泉までは調査しませんでしたが、おそらくこちらの大駐車場も登山客の車でいっぱいでしょう。
 じっくり暖まって、売店で地域経済に貢献しまた山を下ります。ちなみにもちろん岩手側には抜けられません、こっちは橋が落ちています。



 山荘の前の道路も工事中。
 秋田側へは、来た道ともう一本、国道342号線でも湯沢横手方面に下りられますが、帰りはぐるっと遠回りして鬼首経由なので、また来た道を北へ戻ります。

 通常栗駒山荘や須川温泉に来る場合に通る岩手県一関からの国道342号線と花山に抜ける398号線の両方が通れないので、今は仙台からすると裏側に当たる、秋田側から入って出るしかないんですね。南側のいわかがみ平にも当分は入れそうもないし、宮城の人には、近くに見えるのに遠いところになってしまった栗駒山。

 小安峡からまだ西へ、途中で来た道と分かれて、県道310号線を秋の宮温泉方向へ向かうと、



 こんな場所を通り抜けます。立ち入り禁止。
 泥から泡がぼこっ、ぼこっ、と吹き出します。



 空気も明らかに危険な香りがするので、即退散。
 しばらく走ると、



 泥湯温泉街の入り口なんですが、いきなり立ち入り禁止区域のお知らせって、営業妨害じゃ?
 上から見ると



 可愛い温泉集落ですが、安全なのでしょうか。
 さらに走ると



 川原毛地獄です。ハーレーチームも来てました。



 310号線側は南の端なんですが、先ほど通った51号線側から脇道を入った地獄の北側には本州屈指の秘湯、滝壺に絶好の天然露天風呂(ツーリングマップルに載っているキャッチコピー)があるそうです。もう体も心も車の中まで、充分硫黄臭いのでこの日はパス。



 ちょっと狭いところも合ったけれど、予想以上にこれも素晴らしいツーリングルート、県道310号線は秋の宮温泉郷で、国道108号羽後街道にぶつかります。秋の宮も寄ってみたいけど、もう薄暗くなってきていて、帰るのみ。明日は仕事だ。

 さすがにこの辺りはちょっと疲れも出てきて、機械的に運転している感じ。仙秋サンライン鬼首トンネルを抜けると宮城県。鬼首高原も実に気持ちが良いお気に入りの場所なんですが、暗いだけだし素通り。鳴子温泉へ下りていきます。この温泉もまた良いとこなんですけど、国道47号線北羽前街道にぶつかって左折ひたすら仙台方向へ。
 でも休憩は必要です。

 先月放送した岩出山の番組で、提供に入っていただいたここ



 あ・ら・伊達な道の駅。
 宮城県内最大の売り上げを誇る道の駅です。

 提供のお礼も含めてまた散財していたら、蛍の光が流れてきました。18時ころなんですが。
 ともかく、ありがとうございました。

 さすがにここまで来ると早く帰りたいので、古川ICから今回初めて高速に乗り、泉PAのETC専用特設出口まで、またまた快適に飛ばして帰ってきました。
 その泉PA出口に向かって本線から逸れるやいなや、真正面に、いきなり、どっカーーーん!!

 打ち上げ花火です。まるで私とTTの帰仙を祝うような連発花火。
 一般道に出て大衡北四番丁線を南下している間も右前方で、ぴか、どかん、ぴか、どかん

 宮城学院大の前を過ぎると後方になったところを見ると、桜ヶ丘あたり。
 後日桜ヶ丘に住む先輩に聞いてみたら、なんと桜ヶ丘町内会の花火大会とのこと。リッチな町内会です。

 約580kmのツーリングは華々しく終了。結構エンジンは回したつもりですが、平均燃費は12km/l強。ジムニーよりかは走ります、TT。

 収穫



 岩出山の番組で紹介した、竹細工のざると、森泉のしぼりたて原酒も買ってきましたよ。酒まんじうはパス。
 やっぱり、酒と肴だけじゃん。

 あまり疲れもなく、TTの素晴らしさを再確認した久しぶりの一泊ツーリングでした。
 矢張り車は、走ってなんぼですね。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« マシンは快調!鳥海山 | トップ | 人間の力なんて…… »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (百日紅)
2008-10-09 10:50:42
泥湯温泉ってNHK-BSのバイクツーリングの番組で、清水国明と女性ライダーが訪れていました。ここの若旦那も大型バイクに乗っていましたよ。
Unknown (kazu)
2008-10-10 00:04:23
こんばんは。
買いますねぇ。私も旅に出ると、日本酒を買いたくなります。でも、デイパックで電車ですから、せいぜい4合瓶。つまみは、電車のなかで無くなってしまうことがあります。そんなに買いませんから。
Unknown (LYNX☆)
2008-10-10 08:45:57
私もNHKの番組見ていました。
泥湯温泉行ったことが無いので、行ってみたいと思っていましたが、道路状況があまり良くないみたいですね・・・・・
Unknown (H新宿硬式テニス)
2008-10-10 14:05:13
昨日、大館に出張で、青森空港に向け、十和田湖経由(寄り道)で、レンタカーで帰りました。すばらしい紅葉で、一緒にいたベルギー人のおじさん(一応社長)も盛んにシャッターを切ってました。
 残念ながら、観光客が数少なく、地震の影響のひどさを感じました。
Unknown (風写)
2008-10-10 18:05:24
皆さんコメントありがとうございます。

泥湯温泉、有名なんですね。知りませんでした。

H新宿硬式テニスさん、すごいMN。私はH新宿軟式テニスだな。
大館に出張、珍しい場所に仕事で出かけましたね。
風評被害は一番厄介です。マスコミの報道は普通ではないことばかりになってしまうので、難しい、大きな責任があります。

コメントを投稿

Touring」カテゴリの最新記事