疾風の帰り径

BROACHに存在した「疾風の通り径」を移行しました
ブログ内リンクが以前のまま、画像が移行出来てないものは、修正予定

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラシックカメラマン35

2008-08-05 06:00:00 | Camera
 今日はいよいよ仙台七夕花火
 昨年はこんな感じでした。花火の写真はむづかしいですね、特にカメラ任せの私には。


 ライカの一眼レフ、陽の目を浴びないカメラの代表格です。特に初期のもの。



 右から、Leicaflexのスタンダード、SL MOT、SLです。
 評判はよくありません。

 スタンダードは1965年発売の、ライカ初の一眼レフ。
 一眼レフなのに、ピントを回したときファインダー内で、その変化が見えるのが中央の小さい円内だけ、全面マットですらないのです。



 つまりこの円の周りは常に、普通に見えるわけで、レンジファインダーカメラみたいな一眼レフファインダー。
 露出計もTTLではなく、外に窓があるタイプ。



 変なカメラです。



 SLになってTTLになり、ファインダーも改善されました。



 白いSL と 黒いSL MOT
 同じカメラですが、MOTは下面にモータードライブを噛み合わせるメカが付いています。



 ずっしり重いカメラたちです。



 1960年代後半から70代前半までこのLEICAFLEXシリーズは生産されました。このあとSL2というモデルを最後にオリジナルライカ一眼レフは姿を消し、R3からR5以降に至るシリーズは、ミノルタの一眼レフの技術が大幅に投入されました。

 当時ライカはM3,M2,M4で一世を風靡しており、FLEXシリーズの関係者は社内で肩身が狭かったそうですが、レンジファインダーカメラで大成功を収めつつも、同時に一眼レフも開発生産していた哲学はやはり半端ではありません。
 カメラは当時の日本製の一眼レフと比べても決して使いやすいものではないし、重いし、大体壊れていると言われるほど、信頼性も高くありませんでした。



 しかしこの一眼レフ用レンズ、Rレンズの性能はレンジファインダーカメラ用レンズを凌ぐものがあると言われていて、Rレンズを使うために、泣く泣く使いにくいLEICAFLEXを手にしたカメラマンもいたそうです。
 使いにくい、壊れやすいと言っても、これもライカ。M3と同じ素材、同じ生産技術で作られた、美しい器械です。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 自転車に乗ってベルを鳴らし | トップ | 七夕ばたばた »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazu)
2008-08-05 11:26:57
こんにちは。
七夕ですねぇ。東京では、新聞、TVとも、扱いはわ
ずか、です。゜サビシーッ゛、古すぎるギャグですな。
ライカ、手前のシルバーボディー、使い込んでいますが、軍艦は新しそう。交換したのかな。仕事で、20年以上使用したわがオリンパスOM2Bを思い出しました。STに持ち込んだら、「よくここまで使われましたね。普通だったら使用不可になってますよ」こらっ、メーカーがいう言葉か!
取材先で、見知らぬ人に「譲ってください」とつきまとわれたことがあります。私は、「今、仕事で使ってるんだって! 何いってんだ、この人」と思ったのですが、そんなマニア、いるんですね。
Unknown (Tsuna)
2008-08-05 12:08:56
いったいいくつカメラ持っているの?
と思って、今「CAMERA]ってとこクリックしたら...すご~いじゃん!...

そういえば某S藤敏○君はいろんなコレクションをしていて、マッチも一杯集めていたけど、どうなっているのかなぁ?今度聞いてみよう!
Unknown (岩消)
2008-09-16 18:16:25
ライカフレックスいいですねえ。遥か昔の高校時代、カメラ屋で中古品を持たせてもらった事があります(SL)。やたらと厚みのあるボディにビックリした覚えがあります。私がライカフレックスで思い出すのは、写真家の故エルンスト・ハース氏ですね。80年代に撮影の為来日した際に使用したのが、ライカフレックスSL2でした。コダクローム1(でしたっけ?)の鮮やかさに惚れこんで、生産中止の際に大量に買い込んだ程の人ですから、ライカフレックスも写りに惚れこんで“泣く泣く?”使っていたのかもしれませんね(笑)
Unknown (風写)
2008-09-17 07:51:05
岩消さん
始めまして
コメントありがとうございます

ライカフレックス確かに重いですね。
ただNikonもCanonもプロ用は大きくなっていきましたから、重いレンズをぶら下げて、ミラーボックスの動作を安定させ、フィルムの平面度を確保するためにドイツ人が到達した結論なんでしょうね。

でもコレクション的には、この手の器械って重いと得したように思う部分もあるので、良しとしています。ふだん持ち歩く気にはなりません。

コメントを投稿

Camera」カテゴリの最新記事