疾風の帰り径

BROACHに存在した「疾風の通り径」を移行しました
ブログ内リンクが以前のまま、画像が移行出来てないものは、修正予定

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっくら松島へ

2008-05-07 06:00:00 | Touring
 今日は新聞休肝日、じゃない休刊日ですね、最近はずいぶん増えました。休肝日より多いくらい。
 父が新聞記者だったのでよく覚えているのですが、昔は正月2日と5月4日(?)の年に2回しかありませんでした。3日(?)には必ず新聞社の子供祭りのような大きな催しがあり、浜離宮や豊島園の一部と言った、広い会場を会社の家族で借り切って、ステージやら模擬店やら、めちゃ楽しかった記憶があります。


 さて昨日は連休の最終日、やっと朝から良い天気になりました。

 しかし車で出かけると、渋滞に嵌まっちゃいそうだし、ここはストマジの登場です。9時に出発。
 うちから利府街道を45分ほど走ると松島の海の香りがしてきます。

 西行戻しの松の展望台。紅葉の頃にも行きました



 溜息が出るような美しい眺めです。



 名も知らないさまざまな鳥の囀りがにぎやかですが、静か。
 眼下を走る仙石線の電車や、東北本線の貨物列車の音が、時々静寂を破ります。



 まだ椿の花が残っていますね。

 今日初めて松島の遊覧船に乗ります。



 展望台はそれほどでもないのですが、船着場はすごい観光客。外国の方も大勢。やはり松島は宮城一の観光地です。
 駐車場も満車ですが、バイクは防波堤に停められます、楽チン。

 五大堂です。



 とにかく家族連れが多いのですが、子供に松島の良さはわかるのかな。



 切符を買い、混んでいるので20分ほど並びました。
 名物、カッパえびせんに殺到するカモメたち。



 約50分で1400円。2階の席だとエキストラ+600円。
 引き潮だったせいもあるかもしれませんが、遊覧船で湾内を疾走するというのは松島には似合わないような気がします。
 シーカヤックとか良いかも。かやくご飯じゃないですよ。

 外松島まで出るとちょっと豪快な景色になります。



 やはり松島は、離れたところから見るほうが良いという結論に達しました。
 双観山の下を走ってみると



 絶景をよそに、潮干刈りしている人たち。結構車もたくさん停まっているし、収穫も多そうでした。穴場かも。

 観光客向けの松島をあとに、塩竃へ。昼飯です。



 塩竃仲卸市場前の「伸光」、またまた、びーえむあいさん奨めのお店
 海鮮丼がすごいんです。1500円。



 何種類の魚がのっているか数え切れません。蟹や烏賊の下にも鮪の中落ちがびっしり。ご飯が少なめだけど、大満足です。

 午後はまた野球の中継を見なきゃと言うことで、帰宅したのが13時15分。

 このゴーールデンウイークはすっかりびーえむあいさんの情報のお世話になってしまいました。ありがとう。


 ところでブログの記事も400件を越え、自分でも過去の記事を探すのに時間がかかるようになりました。
 当ブログは、衰えが目立つ様になってきた自分の記憶力を補完する目的がありますので、いろいろ検索できるようになっています。
 グーグルのような検索もブログ内で可能ですし、右コラムの「ナビゲーションバー」や「カテゴリー」でも異なる形で記事を括ってありますので、項目をクリックすれば類似の記事だけを抽出してご覧になれます。
 やや大きめの写真が多いため、1ページの記事数を5に抑えてありますが、一番下に、←前の5件、次の5件→と言うショートカットがありここをクリックすれば前後のページに飛ぶことも可能です。
 お楽しみいただければ幸いです。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 寛政の三奇人 | トップ | 星空の下でぐびっ!? »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風写)
2008-05-07 20:21:22
すみません
自己レスです

塩釜で昼飯を食べた後、本塩釜駅前を通りました。12時半ぐらい。
宮城では最近話題の格安マグロ丼の店の前。15人ぐらい並んでしましたよ。
Unknown (seichan_dave)
2008-05-10 14:35:04
あー、こういうの食いたいな~
Unknown (風写)
2008-05-12 06:05:36
仙台の駅前で安く海鮮丼が食べられます。
サエモンさん、びーえむあいさん、リンク張らせていただきます
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-385.html
http://bmii.blog10.fc2.com/blog-entry-19.html#more
未だ私は行ったことがないのですが

コメントを投稿

Touring」カテゴリの最新記事