音楽と交流で地域をつなぐ~地域互助力(ごじょりょく)向上ネットワーク0-100(ゼロ百)地域の輪~

0才も100才も無関心でない「互助」のまちをみんなで実現♪互助につながる日々の活動を綴ったブログです♪

子守唄

2017-07-23 | 日々の日記♪
こんにちは。

叔母に浸けてもらったキューリをボリボリ食べながら



子どもたちとのどかなお昼を過ごしています。



午前はお子さんたち二人分の子守唄を頼んでくれたママが子どもたちと来てくれて賑やかに過ごしました。

女の子3人
男の子2人

…男児たちがいつものことながら
お客さんが来るとテンションが上がり、自分達でもどうしていいか分からないのでしょうね、走り回りちょっかい出し合い…

まるで動物園(^^;

それをクールに横目で見ながら
穏やかに遊ぶ女子たち(^^;



わいわいガヤガヤな中で、

どのくらい待たせたかな?
子守唄(^^;

ママに、当日いただいた歌詞。

許可を得て、お姉ちゃんの分を掲載させていただきます♪


とっても、あたたかい気持ちになる言葉。

時間がたって、
あの頃は想像でしか描けなかった未来の形が目の前にあるからこそ余計に

ママの、優しい直筆で書かれた言葉が心に響きます。

ピアノを弾かせていただいて。
歌わせていただいて。
とても、喜んでいただけました(^-^)

お二人のお子さんのイメージにぴったりのメロディだと言ってくださいました。うれしいです。

あとは譜面にしてお渡しするだけ。
がんばります(^^)






皆さんのお子さんが生まれたとき。

言葉に残しましたか?

アルバムにそえた言葉でも、短い言葉でも。

もし、残っていたら、

曲にしませんか?




今現在は、もしかしたら
大変なことが多い育児中かもしれない。

心配が耐えないかもしれない。

イライラしたり、ひどい言葉を発してしまったり、

周りの理解が得られなかったり
裏切られたと感じることがあったり

無力な自分に、反省だらけの夜を
涙しながら過ごしているかもしれない。



でも、確かにあのとき。

赤ちゃんを産むと決めたとき。

赤ちゃんが生まれたとき。


あたたかい想いや、
楽しみな気持ちや、
母になる喜びを予感したことを

子守唄… の土台になる、たくさんの言葉たちが思い出させてくれます。



私も、ガミガミ感情的に叱ってしまう中で、息子たちを想ってうたった子守唄が、当時のあたたかくまあるい気持ちを思い出させてくれます。

お客様の子守唄にも
同じように癒されています。

音楽には力がある。
【言霊コトダマ】とも言いますが
言葉の中の想いが生きれるひとつの方法が音楽。


忘れていた優しい気持ち
選んできた大切な気持ち
失ったわけではないかもしれない。

子守唄を弾きながら
思いました。


ご依頼はお気軽に
09095760958中島まで





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜崎祇園 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の日記♪」カテゴリの最新記事