忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

二宮翁夜話④

2018-08-04 09:09:47 | 読書
「己に克つ」教え

天理と人道の違いを、よく弁別できる人はあまりいない。
身体があれば、欲がある。
これは、天の理に他ならない。
田畑に雑草が生えるのと同じだ。
堤防は崩れ、堀は埋まり、橋は老朽化する。
これも天の理だ。

しかし、人道は、私欲を抑えるのを道とし、田畑の雑草を取り除くことを道とし、堤防は築き、堀は泥をさらい、橋は架け替えることをもって道とする。

このように天理と人道とは、まったく別物である。
だから、天理はいつまでも変わらないが、人道は一日怠れば、たちまち崩れてしまう。
それゆえ、人道は勤めることを尊び、自然に任せることを尊ばないのだ。

人道において励むべきことは、「己に克つ」教えである。



「広告コピー秀作集」

自分がちっぽけに思えたら、

その旅は、きっと正しい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二宮翁夜話③ | トップ | 二宮翁夜話⑤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事