忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

原爆を落とした男たち(2)

2016-06-25 08:33:18 | 読書
アメリカの「標的委員会」が策定した「原爆投下標的都市のランキング」

スターンズ博士は原爆投下の標的を設定するにあたり次の3つを前提条件とした。
①標的は直径4.83キロメートル以上の市街地であること
②標的は爆風によるダメージが最大となる盆地状の場所であること
③標的は来る8月まで空爆を受けたことがない無傷の場所であること
スターンズ博士はこの前提条件に見合う5つの投下標的をリストアップし、空軍に対しては、何か特段の出来事が起きない限り、これら5つの都市を無傷のまま原爆投下のために残しておくことを勧告した。

標的目標その1
京都(標的優先度ランキングAA)
標的目標その2
広島(標的優先度ランキングAA)
標的目標その3
横浜(標的優先度ランキングA)
標的目標その4
小倉(標的優先度ランキングA)
標的目標その5
新潟(標的優先度ランキングB)
標的目標その6
皇居(留保)

投下標的を選定する上で心理的な要因が非常に重要であると合意された。
原爆投下の心理的側面には2つがある。
①日本人全員にこれ以上抵抗しても無駄だと思わせるよう圧倒的な心理的効果を与えること
②原爆が世界で最初に使われた時、その報道が全世界に響き渡るよう、視覚的、劇的な効果を考慮すること
京都は心理的な2つの側面を完璧にかなえる願ってもない場所であり、原爆の破壊力を全世界に見せつける上でもこれ以上の場所は思いつかない。
また、広島は大きからず小さからず、絶好の地形をなしている。
広島の中心地に向かって岡が迫っているため爆風は効率よく破壊波となっていかなる堅牢な建物もこなごなに粉砕する。

委員会最終日(6月1日)、目標は広島、小倉、新潟に決定した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 原爆を落とした男たち(1) | トップ | 原爆を落とした男たち(3) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原爆を落とした男たちの続編 (本多巍耀)
2018-07-18 15:24:47
《スターリンの原爆開発と戦後世界》という題名の一冊を上梓しました。これは「原爆を落とした男たち」の続編です。先ずはお知らせまで。
Re:原爆を落とした男たちの続編 (hontouni-2016)
2018-07-19 05:42:59
ありがとうございます。早速、読ませていただきます。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事