忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

二宮翁夜話⑤

2018-08-05 10:58:33 | 読書
「この道を尽くす」

「道を実行することは難しい。
道が行われなくなって久しい。
才能があっても、力がないときは行われないし、才能や力があっても、徳がなければまた行われない。
徳があっても、位がないときはまた行われないだろう」
そんなことを聞くことがある。

けれども、これは大道を国家天下のもとで行う場合ではないか。
それならば、難しいのは当然である。
しかし、私の道を行うときには、人物がいないことや位がないことを心配したりはしない。
茄子をならすのは、茄子づくりの百姓が立派にこさえればいい。
馬を肥やすのは、馬子がみごとに育てればいい。
一家をまとめるのは、亭主がうまく行えばいい。

人々がこの道を尽くし、家々そして村々がこの道を踏み行えば、どうして国家が復興しないことがあるだろうか。



「広告コピー秀作集」

「変わったね」

も嬉しいけど、

「そのままでいいよ」

とも言って欲しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二宮翁夜話④ | トップ | 二宮翁夜話⑥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事