忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

二宮翁夜話③

2018-08-03 11:03:23 | 読書
「人道は水車の如し」

人の道は、たとえてみれば水車のようなものだ。
その形の半分は水流に従い、もう半分は水流に逆らって回転する。
全体が水中に入れば、回らないで流されるだろう。
また、水から離れたら回るはずがない。

仏教において高徳の僧が世を離れ欲を捨てることは、水車が水から離れてしまっていることに似ている。
逆に、凡俗の者が教義も聞かず、義務も知らず私欲一辺倒に執着するのは、水車全部を水中に沈めることに似ている。
それらはともに、社会の役に立たない。
それゆえ、人の道では中庸を尊ぶ。

天理に従い種を蒔き、天理に逆らって草を取り、欲に従って家業を励み、欲を制御して義務を考える。


「広告コピー秀作集」

ちゃんと育てたら、ちゃんと育つ。

おっちゃんは安心しています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二宮翁夜話② | トップ | 二宮翁夜話④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事