忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

独裁者たちの最後(見捨てられた末路)

2018-09-01 08:59:03 | 読書
国際政治はきわめて複雑怪奇だ。
民主主義を守るために、共産主義の盾として、アメリカの保護を受けてきた独裁者たち。
そんな独裁者にとって、アメリカから見捨てられた瞬間から、人生は大きく変わる。

マルコス
20年以上も独裁政治を敷いてきたフィリピンのフェルディナンド・マルコスとイメルダ夫人は。アメリカの手厚い支援に安心し、盤石との自信があった。
フィリピン人の反体制派が増えつつあることも、冷戦終結の影響も考えなかった。
19世紀末、マニラ湾海戦でスペイン艦隊を潰滅させて以来、アメリカはフィリピンを戦略的拠点としてきた。
第2次大戦で日本軍に占領されて荒廃し、1946年に独立したが、アメリカの影響は依然として支配的だった。
次第に独裁者ぶりを強めていったマルコスは、膨大な隠し財産を貯めこみ、ベニグノ・アキノをはじめとする多数の反体制派を投獄していった。
死刑を宣告されたアキノは、釈放されたのちアメリカに亡命したが、1983年帰国したアキノは、飛行機から降りた瞬間に暗殺される。
この暗殺劇で流れが変わった。
1986年の大統領選挙では不正が暴かれた。
反マルコス派の勝利で、マルコスはハワイに亡命し、数ヶ月後に病で亡くなる。


ノリエガ
1989年、アメリカはパナマの独裁者ノリエガを権力の座から追放することを決定した。
ノリエガはCIAの協力者だったが、コロンビアの麻薬組織との取引疑惑が持ち上がり、CIAにとってもかかわりたくない危険人物になったのだ。
アメリカが恐れたのは「パナマ運河」の支配権を失うことだった。
1989年のベルリンの壁崩壊がきっかけとなり、ノリエガは反体制派の一掃を図った。
同時に戦争状態を宣言、一気に状況は緊迫化した。
その最中、アメリカ人兵士が射殺されるという事件が起きた。
反体制派を支持したアメリカは、軍事介入を決定。
逮捕されたノリエガは、1992年アメリカで懲役40年の判決を受け、資金洗浄の罪でフランスに移送され禁固7年の判決、2011年パナマに帰国し反対派殺害の罪で禁固20年の判決を受けた。



惜しまれつつ心安らかに死を迎えた独裁者などひとりもいない。
独裁者は民衆から忌み嫌われるものだが、不思議なことにその記憶は忘れ去られてしまう。
「国民は記憶をもたない」というヘーゲルの言葉は人心のうつろいやすさ、もろさを鋭くついている。
今もある世界の切実な問題に歴史はいくつものヒントを与えてくれる。

「独裁者たちの最後の日々」ディアンヌ・デュクレ著



「広告コピー秀作集」

その

とりあえずコピー、や

とりあえずプリント、は

とりあえず森林破壊、

と同じだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 独裁者たちの最後(スターリン) | トップ | アメリカにとっての日本(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事