忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

幸福論(14)

2017-12-07 14:55:57 | Library
次は「疲れ」である。

④「疲れ」
疲れが不幸の原因になるであろうことは容易に推測できる。
ラッセルは特に神経の疲れを重視した。
身体の疲れは休めば回復するし、適度な運動による疲れはむしろ心地よさを感ずる。
しかし心配からくる疲れは、人を不幸にする元凶である。
何も打つべき手がないのにあれこれ考え思い悩むことがある。
心配事をベッドまで持ち込み、夜も眠れずにそのことを考え続ける。
その結果、翌日もその疲れを引きずり、判断力が鈍り、イライラして不機嫌になる。
ラッセルはその疲れはお金持ちに多く、思考をコントロールする能力に欠けているからだと指摘する。

「解決策」
疲れという不幸の原因に対しては、悩みを宇宙規模で考えるという解決策をラッセルは提示している。
宇宙の大きさに比べれば大したことはないのでは、と物事を相対的に考えるのである。
これもまた思考をコントロールする方法のひとつだ。
心配からくる疲れが不幸の原因であることは述べたが、それはきちんとした精神を養うことで解決できる。
そのためにはまず、考えるべきことと、そうでないことを選別する必要がある。
考えることを考え、ひとたび決断を下したら、新しい事実が出てきた場合を除き、その決断を修正してはいけない。
優柔不断が心身を疲れさせるからだ。
また悩みの原因がいかにつまらないかを悟れば、心配事を減らすことができる。
そこで持ち出されるのが宇宙だ。
宇宙の大きさに比べれば、たいていの悩みは小さく思える。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 幸福論(13) | トップ | 幸福論(15) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Library」カテゴリの最新記事