忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

怒らない生き方①

2019-04-12 08:26:17 | Library
ほとんどの人が、朝から晩まで、考えごとにふけっている。
歩きながら考えごと、電車に乗りながら考えごと、仕事をしながら考えごと、食べながら考えごと、話しながら考えごと、テレビを観ながら考えごと…。
多くの人が考えごとは得意かもしれないが、考えごとは現実でも事実でもない。それは妄想の世界である。
そのなかに常に心を引きこもらせているなら、生きていないも同然である。
ましてや考えていることが、心配ごとや不安なことなど、ネガティブな思考だとしたら、人は幸福感を味わえない。

ネガティブな思考は、仏道的に言えば、すべて「怒り」である。
私たちから「穏やかに楽しく過ごす」自由を奪い、強引に不快にさせる怒りの煩悩。
私たちの心身を煩わせ悩ませる「怒り」は、他の二大煩悩である「欲望」「迷い」と密接に結びついている。
無知な心がフラフラとさ迷う「迷い」ゆえに「欲望」が発生し、「欲望」が暴走して満たされないとき、心は「怒り」に染まる。
もう怒らないと決意し、表に出さないだけでなく、本当に心の中ですら怒らずにすむとき、私たちは本当の心の自由とともに、穏やかに楽しく過ごす幸せを十分に味わえるだろう。
(つづく)

コメント