亀と鴎の挑戦

トリニータや千葉ロッテを中心としたスポーツ観戦を中心に投稿します!

【起用の】第16節 熊本戦【ミスマッチ】

2022-05-14 17:19:57 | トリニータ2022

前半はワーストゲームともいえる内容だった。熊本戦に向けての監督コメントで「好きなことをやらせたら好きなふうにやっちゃうチームなので、『対策』というふうに考えると難しい気がする」とあっただけに、立ち上がりは特に警戒しておかなければならなかった。結果的に熊本のキックオフから一度もボールを触ることなく失点という形になってしまった。

もちろん熊本の田辺を褒めるべきではあるけど、決してノーチャンスだったかといわれるとそうではないと思っている。ペレイラのところでバウンドせず処理できていればよかったし、田辺のところにも中川が戻っていればフリーになることは無かった。気の緩みで失点したと言われてもおかしくない。

田辺は2016年に琉球に所属していたときもドームで得点している。これまで琉球、熊本、鹿児島と南日本での所属ばかりとちょっと面白い経歴であるので、きっと大分の空気にも合うのかなと思っている。トリニータが獲得すれば意外な得点力が見れるかもよ。

 

 

2点目もお粗末と言われればそれまで。ちょっと厳しめに言うが、失点シーン含めて右サイドのところで機能しないことが多かったのは久々の出場となった上夷というよりも中川に要因があると見ていた。前半のみの出場だったが、攻撃の時は中央に入ったり、極端に言えば逆サイドにも入り込んだ場面もあった。相手のマークを外すという狙いがあったのかもしれないが、どっちかといえばその影響で上夷の守備範囲が増えて、坂本に自由に持たせるという展開が多くみられた。さらに、パスをもらいにくるという場面もそこまでないので、上夷のパスが引っ掛かることが多かったように思う。

 

後半から野村が入ってから、パスが面白いくらい繋がるようになった。決して野村が金髪になったから目立っているというわけではなく、しっかりと受けに回れるし落ち着かせることもできる。後半に入って修正できたのはシステム云々ではなく、野村が入ったことによる一択だと思っている。

現地観戦した大宮戦の時からも感じていたことだが、ボールを大事に繋ぐことを大事にしたいなら中川のSH起用はミスマッチでしかない。まだ伊佐や呉屋に代わって前線でボールを追い回してくれたほうが助けられる。

 

サムエルが入ってから収めることも競り勝つこともできただけに、もっと早い時間帯に投入できていれば同点になったかもしれない。記録は藤本の得点になったが、サムエルが競り勝ったからこそ起こった得点であり、実質サムエルの得点のようなもの。呉屋も伊佐も得点できていないので、次からはサムエルがスタメンでいいよ。

ある意味、サムエルと中川の2トップにしたら面白くなるんじゃないかな。あくまで素人の意見なので聞き流してもらって構わないけど。

 

 

熊本のサッカーを見てもそうだし、前節の山形を見ても明らかだが、決してトリニータのパス回しはJ2の中でも上手い方ではないということ。むしろ熊本や山形のほうが丁寧かつ大事にやろうとしている印象すら受ける。連戦を強いられる中で、練習で合わせる時間がないのは理解できるが、ここ最近ラストパスからのゴールがほとんど見られないのは運が悪いだけで片づけてよい問題ではない。

もはや消化試合となったルヴァンカップだが、感覚を取り戻す意味でも結果に拘ってもらいたい。

 

 

じゃこの辺で

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022/5/7-8 山形旅行 | トップ | 【安心感から】第17節 岡山... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

トリニータ2022」カテゴリの最新記事