亀と鴎の挑戦

トリニータや千葉ロッテを中心としたスポーツ観戦を中心に投稿します!

【鉄人】第19節 鹿島戦【皇帝】

2020-09-27 22:45:38 | トリニータ2020

今日のスタメンを見て、トリニータが勝つとなれば鹿島に何かしらのアクシデントやミスが無い限り厳しいだろうなと思っていた。

 

もちろん鹿島の試合運びにもまずかった部分はあったわけで、前半を0-0で終えたことはプラン通りに進んでいなかったと思われるし、攻守に効いていたエヴェラウド、和泉、関川を下げてくれたことでトリニータとしてはすごくやりやすくなった。ファンアラーノも無駄にイライラしていたし、終盤には三竿弟や永木を最終ラインに下げてくれたおかげで、中盤から縦に入るボールを気にしなくてよくなったのは助かった。レオシルバや土居、トリニータ戦でやたら決める印象のある伊藤や犬飼もいなかったのも追い風となった。

 

書けば書くほど運の良さに助けられた感があるが、それでも勝負を決めたのはトリニータの選手が頑張ってくれたからではないだろうか。

手も足も出ず負けた広島戦から中3日。久々のスタメンの選手も多く苦労するかなと思っていたが、スタッツほどやられていなかったと思った前半であった。広島戦の教訓もあってか、リスクを負ってでも攻めに転じる姿勢は随所にみられていた。だが鹿島の代名詞でもある素早いカウンターにも警戒せねばならず、一歩間違えればピンチになりかねない。バランスを取りながらプレーするのは難しいかなと思っていただけに、前半の出来は悪くないと思っていた。

 

前述の通り、エヴェラウドを下げてくれたおかげで前でボールを回し起点を作る回数が増えていった。

そして生まれた先制点。長谷川のロングパスから小出が落として田中達也が切り込む。シュートが引っ掛かったところを小塚が冷静に流し込んだ。ようやく小塚らしいプレーが見れたので、ここから調子を上げてもらいたい。

 

終盤に野村→髙澤のパスが決まり勝負あり。後半から出場してハイボールに競り勝ってくれたりとリズムを作ってくれた髙澤に、プレゼントのようなおいしい展開がやってきて、冷静に決めてくれた。シュートの冷静さと体に開き方がなんだかマグノアウベスみたいだなと思った。

このゴールシーンで成長を見られたのが、島川のクリア後に羽田が三竿兄に繋いでくれたところ。ルーキーイヤーで慣れないポジションをやってきた羽田であったが、ここにきてプレイに余裕が出てきたのかなと感じた。良さをアピールすることで監督としてはこの場面、この相手なら起用したいと思うはずなので、ルーキーである今だからこその溌溂としたプレーを今後も見せてもらいたい。

 

あとDAZNで観てたけど、解説の水沼さんトリニータに詳しすぎやね(笑)

増田さんよりも遥かに的確に分析してくれるので、トリニータ専属にしてくれないかなと本気で思うくらい。

鈴木義宜について"皇帝"と呼ばれていたのは初耳だった。ゲキさぶっのネタにもされてる通り、"鉄人"だということは周知されていると思うけど。

無理はしてほしくないけど、できるならフルタイム出場を続けてほしい。特に今年は特殊なシーズンなので、フルタイム出場を達成した選手はアウォーズで表彰するくらいの価値はある。

 

2-0で勝利して、これでカシマスタジアムでの対戦は2年連続での勝利となった。現地に行ってたら2年連続で東京駅行のバスの中で喜んでいたはずだったが、さすがに今やるべきでないことを思っても仕方ない。

来月からは収容人数を50%に拡大。さらに、アウェイ席を設けることも検討されていて、このままフェーズ通りに進めば2月以来のトリニータ観戦ができることになる。僕にできることは、気を付けるというより普段の生活を緩めることなく続けることが大事かなと思う。

 

ようやく連戦が終わり、ここからは月4~5試合ペースとなりベストメンバーで戦いやすくなるであろう。もちろんそれは相手も同じであるが、昨年よりレベルアップした部分もあると思うので、自信をもって目の前の試合で出し切ってもらいたい。

まずは清水戦。アウェイ戦での悔しさをたくさん入ったサポーターの前でぶつけていきましょう!

 

 

じゃこの辺で

コメント   この記事についてブログを書く
« 【この試合以下は】第18節 ... | トップ | 【6戦5勝】第20節 清水戦【... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

トリニータ2020」カテゴリの最新記事