本むら庵 最新情報



ただ今刊行中のマガジンハスス社刊「Casa BRUTUS 11月号」にて当店をご紹介いただきました。
  

  
「野村友里 Tokyo Eatrip」での平野紗季子さんと野村さんとの対談内にて、野村さんがご幼少の頃にご来店くださり今でも”健在な店”としてご推薦いただきました(一言ですが^^;)
  

  

記事の通り、東京は常に新しいものを生み出す活力に満ちている一方、古くからの伝統を守りつつ残る老舗が混在しております。それぞれが刺激を受け「新しいけど懐かしい」そんな店や場所が多く生まれる事こそが21世紀東京のダイナミクスかと思います。






facebook(フェイスブック)に「本むら庵」ファンページを作りました。
皆さまのあたたかい「いいね!」クリックをよろしくお願いいたします。
Twitter(ツイッター)でも情報発信しています。「本むら庵」ページのフォローアップをよろしくお願いいたします。

facebookファンページは主に商業向きで、個人ページの管理とは少々勝手が違うようです。
個人店舗がユニクロさんや大手商業施設さんのように使いこなすのはそれなりの知恵と工夫が必要ですが、店同様、お客様に育てていただきながら皆さまにも有用なページ作成を目指します。
情報は、主に当店ホームページでの更新情報⇒Twitterとの連動記事ですが、今後はfacebookページ独自の情報も発信していきたいと思います。皆さまからのご意見・ご提案もお待ちしております。ぜひぜひお寄せくださいませ。

Twitterでは、すでに140フォロアーの方に応援していただいております。
こちらではホームページでの更新情報以外にも、主に週末の混雑(または閑散(^^;)情報、新商品のスポット紹介など、Twitterならではのタイムリーな情報を発信しています。
フォロアー以外の方々の当店へのつぶやきも参考にさせていただき、時おり返信・リツイートさせていただいています。
只今の難題は「ipad入力のヒマもないほど忙しい」時の情報発信をどうするか。待ち時間など、お客様が最も知りたいはずの情報がうまく発信できておりません(・_・; 
今春、店内にWiFi設置(申し訳ありませんが開放しておりません)し、取りあえず入力さえすれば、瞬時にアップできるようになりました。今後は「短『文』明快」にツイートできるよう一層工夫します。

多くの飲食店情報が行き交う昨今、当店も、暖簾にあぐらをかかず自らの発信力を高めるべく模索しています。
と同時に、地に足をつけた仕事こそが何より重要であることを再認識することになりました。
情報に振り回されず、ぶれない仕事を続けていく事こそがが正しい情報発信であると信じております。
これからも皆さまのごひいきを賜われますよう、どうぞよろしくお願いいたします。




     

本サイトに関するお問い合わせは 本むら庵 荻窪本店 までお願いします。

TEL:03-3390-0325/FAX:03-3395-1306