中田清介のブログ:ほんまち界隈

下町の風情を残す本町商店街の四季折々や日々の活動報告を綴っていきます(2022年6月よりgooブログに引っ越し)

6月議会清介の一般質問

2022-06-16 20:41:00 | 議会活動

6月議会一般質問質疑応答全文をHPに掲載しました。こちらからご覧ください。
http://nakada-seisuke.com/situmon/R4.6.10situmon.pdf

今回の一般質問で引用した「文化の力」と「議会と議員の説明責任」
今回の一般質問では平成28年12月議会の一般質問で引用した、東京大学名誉教授の神野直彦先生と片山前総務大臣のことばを改めて紹介しました。その内容をご覧ください。
『私は、平成28年12月議会一般質問の時に、次のような言葉で、高山市の根本的に寄って立つ文化というものはどういうことなんだということを、東京大学名誉教授の神野直彦先生の言葉をかりて述べてきております。当時の議事録を読み返してみます。先生はこうおっしゃってます。「文化とは、生活様式である。地域社会の自然の顔である自然景観とのコミュニケーションのもとに、長い年月をかけて築いてきた人間の生活様式、これが文化である」。それに加えまして「発展するということDEVELOPとは、封じるENNDELOPの反対語で、開くことを意味する。それは内在するものを、これを開くことが発展だからである。卵が幼虫に、幼虫がさなぎに、さなぎが成虫にというように、内在するものが開くことが発展なのである。外から力を加えて変形することを発展とは言わないんだ。それは木が机に発展したと言わないように」という指摘があったことを覚えてます。
内在するものを育て上げて、それを脱皮させること、それは文化の力だということだったというふうに思っております。
また、片山前総務大臣のことばを引用してこうも述べております。
「議員は事実関係と法令と自己の良信に基づいて判断をしなければならない。これが議会の議決責任である。開かれた議会という根本のところはそこのところにある。だから議会と議員の使命というものは大切なんだ」(と)。「二元代表制下における議会のあり方とはこういうものなのだ」ということが自治日報等に出ておりましたので、平成28年12月議会時にそういうことも述べております。』
 平成28年頃と言えば、合併特例期間が終了し、交付税の加算処置が漸減していく5年間を迎えた年度でした。
その頃はといえば合併後の矛盾が吹き出してくる年でもあり、文化に根ざした国際観光都市という位置づけに,インバウンド観光の入り込み客数を競うばかりに大切な文化の力を見失いがちな時期でした。
「内在するものを育て上げて、それを脱皮させること、それは文化の力だ」という神野先生の言葉で、観光政策における[ぶれずに芯を通す]姿勢の必要性を述べたつもりです。
 平成22年に議会基本条例を制定した高山市議会は、議会改革の実践に力を入れていた時期でした。片山さんの「議員は事実関係と法令と自己の良信に基づいて判断をしなければならない。これが議会の議決責任である。開かれた議会という根本のところはそこのところにある。だから議会と議員の使命というものは大切なんだ」という所では、「二元代表制下における議会のあり方とはこういうものなのだ」との指摘で議会と議員の審議・審査の真髄を改めて議場で指摘したと思っています。
今回引退を表明された國島市長の最後の議会と言うことで、高山市の持続可能性について「創造的縮小」賢く縮む社会とは,ということでその見解を聞いたところです。




6月10日の一般質問

2022-06-11 04:49:00 | 議会活動

昨日6月10日金曜日、私たち「創政・改革クラブ」の一般質問画像です。(中田清介、倉田博之議員、岩垣和彦議員)
通告内容は此方からご覧ください。

https://www.city.takayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/016/611/0406ippanshitsumon.pdf




6月議会一般質問

2022-06-08 15:45:00 | 議会活動

6月7日、今6月議会の一般質問の通告を済ませました。通告内容については此方からご覧ください。
http://nakada-seisuke.com/situmon/hyousi.htm
今回はこれまでの國島市政の中で議論してきたことを振り返りながら、基本的には今後の持続可能性について取り上げております。10日金曜日午後の登壇予定です。


議会改革度調査2021

2022-06-08 00:05:00 | 議会活動
議会改革度調査2021で高山市議会は総合順位で20位にランキングされました。これは早稲田大学マニフェスト研究所が毎年独自の調査で発表しているものです。
 高山市議会は2012年度より参加していますが、ごらんのような変遷を経て今年総合順位で20位まで復活してきました。当初ひとけただいでしたが、各自治体議会の議か改革が進み、27位が2017年でした。どちらかというとこの頃までは制度を改善していくと言うよりは、私たちが標榜している政策提言を重視した実績づくり注いで注いで射ました。その後2018年頃から主催団体の評価基準の精度が上がり少し低迷していましたが、その後長らく低迷が続いていた「機能強化度」に関する項目の改善にも努め、総合順位20位に返り咲く事ができました。この後条例改正などにも取り組む予定もあり、まだまだ努力していく予定です。
たかがランキングとは言え、されどランキングです。上位30位というのが一つの目安となります。我々の活動の足跡として大切にしていきたいと思います。



「本町2丁目まちづくり協定」②

2022-05-25 21:47:00 | ほんまち情報









「本町2丁目まちづくり協定」②
本日高山市と協定書を締結した私たちのまちづくり協定については、私たちの思いとは別に長い年月がかかりました。2015年に今後の商店街の方向性を研究するワークショップを立ち上げたのが、2015年12月でした。当時その様子をFBに掲載しています。此方からご覧ください。
https://silver.ap.teacup.com/.../itigonk.../msgcate9/archive
とりあへず「SWOT分析」をし、そのクロス分析を課題解決の足掛かりにしていきたい」とスタート時の抱負を述べています。
 2015年と言えば平成27年です。高山市が合併して10年がたち商店街を取り巻く環境も大きく変わってきていた頃であり、中心市街地の商業活動も郊外店との競合の中で、ますます苦しい立場においこまれ、観光という面での切り替えがますます重要視されており、本町2丁目の独自調査でも、地元消費者の商店街離れを観光客の力を借りて経営を維持している組合員が圧倒的に増えている状況でした。その上でのSWOT分析でした。我々の強みと言える点は何であるか。またその反対に弱点はどうした事に起因するのか等です。紆余曲折はありましたが、会員一人一人の意識を高めるまちづくり協定の必要性を確認し、ソフト偏重の商店街活動から、基盤としてのハード整備の面からまちの文化を守る方向性にも目を向ける活動を重視して、なんとか今日の締結式にこぎ着けらたと思っています。他の商店街の先行事例についても幾つもよんで研究もしました。観光都市としての私たちのまちの特性についても議論し合いました。
しかし結果として7年もの期間を要してしまいました。地元の方向性は2018年頃まででなんとかまとめられたと思っていますが、協定内容を規制を重視したものにするのか、緩やかな指導助言の窓口対応としていくかの点で行政の見解も質しながらの3年間だったと思っています。その後コロナ禍の混乱の下で、審議会のチェックなども頂きながら進めてきましたが、やむを得なかったとはいえ、お役所仕事の一局面を見る気がしないでもありません。民間の経営感覚では、3年から5年で厳しい変化の中における決断を迫られるのは当たり前のことととらえられています。この感覚のずれはなんとかしなければなりません。「市民が納得可能な説得力」をもって日々の行政運営に当たってもらうのが、行政マンとしての第一義的な使命です。
 「観光まちづくりとは文化・商業政策と都市計画の連動である」と諭された西村幸夫先生の言葉が思い出されます。