尼さん漢方医心と身体のお話

法華宗本国寺の住職とA級国際中医師である私の心の持ち方や、

元気に生きるための、お話です。

*男性の更年期について。

2015-01-22 02:30:31 | 雅諒のささやかなお話。


 合掌

  近頃、妙壽堂で多く見られることは、男性の更年期ともいえる


     腎機能の低下による、


   体力、精力低下、腰痛、頻尿、気力や記憶力低下など、



     腎の陽虚の状態です。



  今日はこの男性の更年期について、考えてみたいと思います。



    それというのも、


  この事は、いわゆる男性の子供のできないことに、とても大きく係わることなのです。



    なぜこうなるのでしょう?



  皆さんも、考えてみてください。



    私は、



  1、には、缶ペット、ビールなど冷たい飲み物の取り過ぎ、


  2、抗生物質など薬物の取り過ぎ、


  3、化学調味料、防腐剤、添加物などの取り過ぎ、



    によるものではないかと、考えています。



  以上の事は、



    漢方でいう、


  腎の陽を弱め、腎の陽虚となってしまう原因となるのではと思います。



    腎陽というのは、



     命の元


     精力の元


     気力の元


     知力の元、、、、、、、、、、、、とも言われています。



  ですから、



    腎陽が衰えるという事は、



  男性の更年期のようなことが起こり、やる気もなくなり、子供もできにくくなるのです。



    近頃は、調べてみても、男性ホルモンは、そんなに減少していない更年期の症状の人も多いそうです。



  男性ホルモンを投与するのとは、又、違う方法として、



    漢方薬で、腎の陽虚を元気にするというやり方もあります。



  鹿茸( 飲む輸血ともいわれる。)などはじめ、多くの漢方薬が有ります。




    腎陽をUPするということは、



      腎の働きを元気にしたり、腰やひざ、視力や気力、記憶力もUP,


      
      髪が濃くなったり、いわゆる、アンチエイジングなことも多くあります。



  現代の日常の生活の中で、



     一般に、皆がそうしているから大丈夫とか、みなさんの健康に問題がないという事ではありません。



  これからの世の中では、



     本当に正しい選択、正しい判断が、求められているのです。



  もっと、自分を正しく管理して、気が付いた時手遅れとならないように、



  日々を正しく見直し、いたしましょう。



     遠まわりでも、小さなことでも、これも、少子化を防ぐことにも、



     大~きく、大~きくいえば、人類を強くしていくことにも、



     繋がっていくかもしれません。




         再拝




   本門八品   上行所伝  本因下種  南無妙法蓮華経   本国寺   雅諒      

 
      

コメント

*若くいること。

2015-01-03 02:53:00 | 雅諒のささやかなお話。

合掌

  明けましておめでとうございます!!

   
    以前、お話したこともある、30年前、がんだった95歳のおばあちゃんが、


  本国寺の敷地内に引っ越してこられました。小柄で、可愛らしく、足腰も普通に問題なく、元気です。


  95歳にして、一人で、元気に暮らしていけることって、本当に、すごいことですね。



     新年にふさわしく、


   そこで、皆さん、考えてみましょう。



     若くいることの為に必要なこと。



   もちろん若くいることにも、いろいろ種類は有るでしょうが、自分の事も含めて、


   欲張って、



   *見た目


   *身体


   *頭


   *心


   *生き方



     について考えてみましょう。



   まず、


   *見た目、身体、頭、、、、、、、を若く保つためには、



     * バランスのとれた健全な食事、緑茶や鳥のムネ肉、ナッツなど、脳を若く保つ食物を取る。

        
          ( インスタント、ファーストフードはもちろん、老化を進めるので、ダメダメです。)



     *適度な運動。




     *趣味や、カルチャーなどいろんなことに興味を持つこと。



      
     *もう齢だからとあきらめずに、前向きに考えること。



   どれも大切なことですが、全ての基礎になるのはやはり、、、、食事だと思います。
      


     だって、食事が悪いせいで、



   身体がさびて行ったり、不調だったり、病気になったり、認知症になったら



     運動も、趣味も、やる気も出ないでしょ!!



   ですから、若くいるためには、まず、食事を見直ししましょう!



     ファーストフード、インスタント食品、加工食品 ( 添加物を含むもの ) を避け、


  
   できるだけ、原材料から作りましょう。



     ちゃんとした食事をすると、



   運動する身体も、元気も、趣味をやろうとする意欲も、気分も, UPしますよね!



     さて、


   * 心の持ち方や、生き方は、、、、、人それぞれいろいろあるとは思いますが、



      まず、



   * あきらめないこと、、、、です。


      (もう齢だからと考えず、前向きに考えましょう。)



   私の場合は、


    仏様を信じ、自分のやるべきことをやる、後は仏様が、一番いいようになるよう導いて下さいます。



   そして、



     何事も、できないかも、と、思う前に、他の人がやれるなら、やれるかもと思うことにしています。


   
    もちろん上手下手は有ります。



    下手な時には、、、、、もうすこし上手になるように頑張ってみます。



    それでもダメなときには、



    自分には向いていないのかもと、次の事を探してみます。



    あきらめて落ち込むより、新しいチャレンジを、試しましょうよ。




      若くいること、若々しく見えることって、



   つまり、



      何か良いことに、小さな(大きな)チヤレンジし続けていることではないでしょうか?



   だから、




     だれでもできること、今すぐできることなんです!!



   だから、



     あなたも、やってみましょうよ!!



   そして、私も、小さなチヤレンジこれからも頑張りま~す!




    今年も宜しくお願い致します!!




        小さなことから、一緒に、頑張ってまいりましょう!!!





             再拝




    本門八品   上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経     本国寺    雅諒
       
      

   

    
     
コメント