本日は改姓なり!

うだうだな日記ですがどうぞよろしく

シブナシガヤ

2017-11-29 22:30:07 | 天然記念物
先日、またもや‘文化財巡り’に1人で行って来まして、今回向かったのは、10/26付けのブログで紹介した初めて建造物が国宝に指定される事が決まった三重県です。
と言っても今回、訪れたのは、その建造物ではなくて、まず最初に訪れたのが、伊賀市にあります高倉神社で、この神社は本殿の他、3棟が国の重要文化財に指定されているんですが、今回の私の目的はそれではなくて、神社の境内内にあり、国の天然記念物に指定されていますシブナシガヤです。
シブナシガヤというのは、普通のカヤと同種類だそうなんですが、種子の胚乳についている渋皮が全くないか、あっても取れやすい特徴を持っているそうで、非常に稀少な植物なんだそうです。
ただ、今回、高倉神社に行ってみてわかった事なんですが、これまで行った事がある国の天然記念物に指定されている植物は、説明板のようなものが必ずあるものなんですが、境内内を見まわしてみても、それらしい樹木もなく、説明板のようなものもなかったので、神社の方に場所を聞いたところ、境内内といっても参道から外れた竹やぶの中にあるそうで、スマホで写真を見ながら竹やぶに入り、少々、探してしまいました。
竹やぶの中ですので上記に書いたとおり、当然ながら説明板等もなく、こんなひっそりと国の天然記念物に指定されている樹木もあるんだと驚いてしまいましたけどね。
次に向かったのが、同じく伊賀市にあり、高倉神社から1kmほどの果号寺という寺院で、ここも、目的は国の天然記念物に指定されています同じくシブナシガヤです。
果号寺のシブナシガヤは上記写真を見て頂いてもわかるように、非常に見晴らしのいい場所にあり、説明板もちゃんとあって、同じ国の天然記念物に指定されていますシブナシガヤでもえらい違いだなと思ってしまいました。
また、説明板によれば、果号寺のシブナシガヤは、上記で書いたようにシブナシガヤ自体が珍しい特徴を持っていたので、江戸時代にはすでに知られていたそうです。

さて、この日は、2ヶ所のシブナシガヤを見た後、また別の場所に向かったんですが、どこへ向かったかは、明日以降のブログにて紹介したいと思います。
コメント

田辺聖子

2017-11-28 20:32:42 | 観光スポット
先日、私が在住している大阪府東大阪市の広報紙に書いてあった‘樟蔭学園創立100周年×東大阪市市制施行50周年連携企画 樟徳館等特別公開と帝国キネマ展’という記事を父が見つけまして、私は昨年11/13付けのブログで紹介しているように、樟徳館(詳しくはその時のブログか、インターネット等でお調べ下さい)には行った事があったんですが、父が行った事がないというので、父と共に行って参りました。
その帰りに、樟蔭学園大阪樟蔭女子大学内にある田辺聖子文学館にも立ち寄りました。
田辺聖子と言えば、大阪樟蔭女子大学を卒業した後、小説家となり、芥川龍之介賞を受賞し、文化勲章をも受章している人気作家ですが、こういった方の記念館が10年前に地元に出来たのを知っていたにも関わらず、今回初めて訪れまして、まず入ってすぐの場所にこれまで出版された書籍が壁一面に展示してあるのを見て、父共々、私も感心してしまいました。
2006年下半期のNHKの朝の連続テレビ小説で、田辺聖子の自伝的ドラマである『芋たこなんきん』を御覧になっていた方も本ブログを読んで頂いている方の中にはいらっしゃるかも知れませんが、もう年齢が90歳近い方ですが、いつまでも少女のような方でして、文学館内に書斎が忠実に再現されているんですが、無類のスヌーピーグッズ愛好家らしく、スヌーピーのぬいぐるみが書斎にあふれていますし、大の宝塚歌劇のファンでもあるそうで、自身の作品が宝塚歌劇で舞台化された事もあるそうです。

しかしながら、同じく東大阪市に記念館がある小説家と言えば、2012年4/21付けのブログで紹介した司馬遼太郎がいらっしゃいますが、両名共に、よくこれだけの小説やエッセイを次々と執筆できるなと思ってしまいます・・・ま、本ブログでたまにあるようにネタ切れなどを起こしていると小説家などにはとうていなれないんでしょうけどね。
コメント

葛飾応為

2017-11-25 22:50:22 | 展覧会
前回、前々回と展覧会の話でしたが、その翌日も先月の18日付けのブログで紹介した大阪市阿倍野区のあべのハルカス内にあるあべのハルカス美術館で開催されています‘大英博物館 国際共同プロジェクト 北斎-富士を超えて-’の後期に行って参りました。
前期の時も結構な混雑だったんですが、今回、訪れた後期もかなりの混みようで、美術館に入るまでに待たされるのは致し方ないとしても、入ってからも各々の絵画を最前列で見ようとすると、並ばなければならない状態(ま、私は最前列で見ようとはしなかったですけど)で、係員の方もしきりに‘止まらずに前へお進み下さい’みたいな事を言っていたんですが、混雑に対する対応があまりよくありませんでしたね。
しかしながら、展覧会自体は、前期を訪れた時のブログで書いたように、葛飾北斎のこれでもかと言わんばかりの作品群に圧倒されっぱなしでしたが、後期では、葛飾北斎の娘である葛飾応為の作品に見入ってしまいました。
今年の9月にNHKで『眩~北斎の娘~』と言うドラマ(応為役は宮崎あおいが、北斎役は長塚京三が演じていました)が放映されまして、私も見たんですが、この葛飾応為という人物は、何年か前に私も興味を持って調べた時期がありまして、今回、初めて10点前後しかないと言われる作品を鑑賞したんですが‘蛙の子は蛙’という諺もあるように、前後期共に出展してあった‘関羽割臂図’の女性が描いたとは思えないような迫力と言い、後期の2週間弱だけ展示されていた‘吉原格子先之図’の光と影を見事に描いた作品と言い、父である北斎に負けず劣らずのような作品も今回の展覧会では展示されていました。
私が後期を訪れた後に、母も姉(私の伯母ですね)と共に鑑賞してきたそうなんですが、行って見て大正解だったと私と同じ感想を漏らしていました。

さて、今年の展覧会は、個人的にはこれで終了だと思うんですが、来年開催される展覧会で、現段階で既に行く予定にしている展覧会が2,3ありますので、来年も楽しみですね。
コメント

第69回正倉院展

2017-11-23 15:43:09 | 展覧会
今回は前回の続きで、京都市東山区の京都国立博物館で開催されていました‘開館120周年記念 特別展覧会 国宝’を出て向かった先は、奈良市の奈良国立博物館で開催されています‘正倉院展’です。
午前中は、私一人で、京都国立博物館に行っていたわけなんですが、正倉院展は父も毎年のように行っているので、午後は奈良国立博物館前で父と待ち合わせまして、二人で行って参りました。
今年で私は10年以上連続で、正倉院展には足を運んでいますが、昨年同様、今年も母が友人と共に私達より先に正倉院展に行っていまして、気になった展示物を教えてくれていました。
一般的な目玉となっていたのは‘緑瑠璃十二曲長杯’と呼ばれる緑色のガラスの杯だと思いますが、個人的には、これまで正倉院展で、綺麗なガラスの器もいくつか見てきたので、それほどの感動はなかったですね。
ただ、個人的にも私の父母も気に入ったのが‘玳瑁杖’と呼ばれる鼈甲や象牙で飾られている杖で、細工が緻密な上に、作られたはっきりとした年代はわかりませんが、よくこれだけの高度な技術が当時あったなと感心してしまいました。
あと、先に行っていた母が‘展示品の中に大きい鍋があった’とわけのわからない事を言っていて、私は‘正倉院の宝物の中に鍋なんかあるんかな’と思っていたんですが、確かに展示品の中に手提げ方の鍋があり‘こんな物も正倉院宝物の中にあるんや’と驚いてしまいました・・・ま、しかしながらただの鍋と言っても銀製でしたけど。

毎年、正倉院展は足を運んでいますが、来年もどのような貴重な宝物に出会えるか楽しみですね。
コメント (1)

長谷川等伯

2017-11-19 22:12:03 | 展覧会
先日、先月の14日と22日付けのブログで紹介した京都市東山区の京都国立博物館で開催されています‘開館120周年記念 特別展覧会 国宝’の10/31から始まっていますⅢ期に行って参りました。

個人的なⅢ期の目玉は何と言っても今回の表題にもしています長谷川等伯(詳しい事はインターネット等でお調べ下さい)の見事と言うしかない水墨画‘松林図’で、国宝絵画の中では、最も見てみたかった絵画の1つでしたので、いざ、目の前にすると、その何とも情緒的な松林には感心してしまいました。
あと見てみたかったのは、神護寺三像と呼ばれる肖像画で、これは私と同世代の人であれば、源頼朝像として日本史の教科書に掲載されている事が多かったと思うので、本ブログを読んで頂いている方の中でも見知っている人が多いかも知れません。
ただ、現在は源頼朝、平重盛、藤原光能(いずれの人物も詳細はインターネット等でお調べ下さい)と言われている三像とも別の人物ではないかという学説が出されており、その真偽のほどはまだわからないですが、日本美術史上、肖像画の最高傑作の1つであるという価値は揺らぐことはないでしょうね。
私は、伝源頼朝像(現在はこういう言われ方をしています)と伝平重盛像は、2014年9/27付けのブログでも紹介している同じく京都国立博物館で開催されていた‘平成知新館オープン記念展 京へのいざない’で既に見ていたんですが、三像揃って見るのは初めてでして、展覧会で三像が揃うのも実に23年ぶりだったそうです。
あと個人的に驚いたのが、随身庭騎絵巻という絵巻物で、これも日本史の教科書に掲載されていたので知ってはいたんですが、写真等で見た感じは、描かれている色や線がかなり薄くなっている(鎌倉時代の絵巻物ですからね)イメージがあったんですが、実物を見てみると、色も線もくっきりと残っている部分が多く、しかも非常に躍動感がある絵巻物で、しばし見入ってしまいました。
今回足を運んだⅢ期は、一般的には、日本史の教科書には必ずと言っていいほど掲載されている金印が一番の見どころで、最前列で金印を見るために列が出来ていたほどなんですが、私ももちろん初めて金印を見ましたが、本当に小さいな(一辺が2cmほどです)という事と思ったよりも金がきらびやかだなと思いました。
この展覧会は、この後、Ⅳ期もあるんですが、個人的に興味をそそる作品がありませんのでⅣ期には行かないつもりにしています。

さて、この日は、京都国立博物館を出た後、別の場所の展覧会にも足をのばしたんですが、どの展覧会に向かったかは、明日以降のブログにて紹介したいと思います。
コメント