本日は改姓なり!

うだうだな日記ですがどうぞよろしく

シブナシガヤ

2017-11-29 22:30:07 | 天然記念物
先日、またもや‘文化財巡り’に1人で行って来まして、今回向かったのは、10/26付けのブログで紹介した初めて建造物が国宝に指定される事が決まった三重県です。
と言っても今回、訪れたのは、その建造物ではなくて、まず最初に訪れたのが、伊賀市にあります高倉神社で、この神社は本殿の他、3棟が国の重要文化財に指定されているんですが、今回の私の目的はそれではなくて、神社の境内内にあり、国の天然記念物に指定されていますシブナシガヤです。
シブナシガヤというのは、普通のカヤと同種類だそうなんですが、種子の胚乳についている渋皮が全くないか、あっても取れやすい特徴を持っているそうで、非常に稀少な植物なんだそうです。
ただ、今回、高倉神社に行ってみてわかった事なんですが、これまで行った事がある国の天然記念物に指定されている植物は、説明板のようなものが必ずあるものなんですが、境内内を見まわしてみても、それらしい樹木もなく、説明板のようなものもなかったので、神社の方に場所を聞いたところ、境内内といっても参道から外れた竹やぶの中にあるそうで、スマホで写真を見ながら竹やぶに入り、少々、探してしまいました。
竹やぶの中ですので上記に書いたとおり、当然ながら説明板等もなく、こんなひっそりと国の天然記念物に指定されている樹木もあるんだと驚いてしまいましたけどね。
次に向かったのが、同じく伊賀市にあり、高倉神社から1kmほどの果号寺という寺院で、ここも、目的は国の天然記念物に指定されています同じくシブナシガヤです。
果号寺のシブナシガヤは上記写真を見て頂いてもわかるように、非常に見晴らしのいい場所にあり、説明板もちゃんとあって、同じ国の天然記念物に指定されていますシブナシガヤでもえらい違いだなと思ってしまいました。
また、説明板によれば、果号寺のシブナシガヤは、上記で書いたようにシブナシガヤ自体が珍しい特徴を持っていたので、江戸時代にはすでに知られていたそうです。

さて、この日は、2ヶ所のシブナシガヤを見た後、また別の場所に向かったんですが、どこへ向かったかは、明日以降のブログにて紹介したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 田辺聖子 | トップ | 伏見お城まつり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天然記念物」カテゴリの最新記事