本庄記念病院

栃木県足利市堀込町にあります。
地域の為の地域と共にある病院を目指し日々診療しております。

小児科だより~新型コロナ対策~

2020-04-15 00:26:29 | 小児科
○小児科受診の方は全て、病院南側にある小児科診察室近くの駐車場をご案内しております。
正面入口で案内の用紙をお渡しし、お車のナンバーを伺いますので、その後ご移動をお願いします。
そのまま車内待機をしていただき、小児科スタッフがお車まで伺います。
予防接種でいらした方も、まずは同様の対応をさせていただきます。

○熱や咳がある場合やご家族に新型コロナウイルス感染が否定できない方がいらっしゃる場合は、車内での診察になりますので、ご了承ください。

○プレイルームの絵本やおもちゃは、撤去させていただいております。

○予約してこられた方を優先しますが、院内待機時間を減らすため、予約なしで受診された方を先に診察する場合があります。ご了承ください。

○手すり・カウンター・椅子などはこまめに消毒します。

○定期的に換気を行います。これから暖かくなってくると思いますので、基本的に窓は開け放って診察します。寒い時は、スタッフに声をかけてください。

○スタッフは1人診察ごとに手洗いまたは手指消毒を行います。

○当院では、コロナウイルスの検査はできません。検査については、保健福祉センターにご相談ください。

○医師会の通達により、万が一の感染拡大予防のため、発熱の患者様に対するインフルエンザや溶連菌などの各種迅速検査は行っておりません。
喉を診る行為やネブライザーなども控えております。

○感染予防のため、マスク、フェイスガード、手袋、ガウンなどの防御体制で診察する場合があります。
コメント

小児科だより~感染症予防の取り組み その2~

2020-03-25 11:16:00 | 小児科
待合室のおもちゃ·絵本·ベビーベッドも一時的に撤去しました。
状況が良くなったら戻しますので、きれいになったおもちゃでまた遊んでください。
コメント

小児科だより~感染症予防の取り組み~

2020-03-19 09:24:24 | 小児科
現在、新型コロナウイルス等の感染症予防として、患者様とスタッフの安全を守るための対策に特に力を入れております。

具体的には
·スタッフ全員のマスク着用
·皆様が触れる問診票のボードやペン、体温計、おもちゃなどのこまめな消毒
·診察室や待ち合い室の窓を開放した換気
など、来院される患者様やご家族の不安をできるだけ軽減できるよう努めています。

最近暖かくなってきているとはいえ、換気により少しだけ寒く感じることがあるかもしれませんがご理解のほどお願い致します。

また、来院される際には、手荒いや手指消毒、咳エチケットなどのご協力をお願い致します。
コメント

小児科だより~インフルエンザ~

2020-03-01 18:53:19 | 小児科
ここ数日、インフルエンザの患者さんが少しずつ増えてきているようです。
どちらかというとB型の方が目立ちますが、A型の方もいらっしゃるようです。
新型コロナウイルスの流行も落ち着かない状況ですが、手洗いやアルコール消毒、咳エチケットなどでどちらのウイルスも感染拡大を防げるはずです。ひとりひとりの心がけが大切です。
コメント

小児科だより~当院の感染症流行情報~

2020-02-18 23:48:28 | 小児科
いま日本では新型コロナウイルスの流行が心配されていますが、現時点で当院小児科に感染の可能性がある患者様はいらっしゃいません。
昨年末に猛威を振るったインフルエンザA型の流行も落ち着いてきました。
ときどき胃腸炎による嘔吐下痢が見られます。

いろいろな流行があるなかで、現在はヒトメタニューモウイルス感染症の患者様が比較的多くいらっしゃいます。
聞き慣れない名称ですが、呼吸器症状をおこすRSウイルスと似たウイルスです。
生後6か月くらいから感染し、2歳までに50%、10歳までに100%の人が感染するといわれています。
成人では風邪症状ですむことが多いのですが、乳幼児では気管支炎や肺炎を引き起こすことがあるため、5日以上熱が続く·咳がどんどんひどくなるなどの症状が見られる場合は注意が必要です。

【感染経路】咳やくしゃみによる飛沫感染、手を介した接触感染

【潜伏期間】 4~6日

【症状・経過】
せき·鼻水 多くの場合1週間程度つづきます。
発熱 多くの場合4~5日間つづきます。

重症化すると、喘鳴(ゼーゼー)、呼吸困難がみられます。

【治療】
特効薬はありません。咳や痰をきりやすくする薬や気管支を広げる薬などを使用します。
ウイルスなので抗生物質は効きませんが、経過中に二次的な細菌感染が疑わしい場合は抗生物質を使うこともあります。

【予防】
基本は手洗いです。また、ウイルスの排泄期間は感染後2週間ほど続くため、しばらくの間、感染予防に努める必要があります。
コメント