本郷 隆 議員日誌

宮城県 女川町議会議員の活動日誌 『ふるさとに本気です!!』

【第39回 戦没者追悼式】

2009-09-24 19:47:44 | 社会活動
 

9月23日(水)秋分の日、町遺族会の主催により町生涯教育センターにおいて『第39回 女川町戦没者追悼式』が挙行されました。
 例年通り、開式に先立ち4人の町内住職による読経の後、次第にのっとって慰霊碑碑文朗読、関係者の式辞や追悼の辞、黙祷、献花等を行いました。
 
   年々歳々 花相似たり
   歳々年々 人同じからず

 おそらく昭和48年から数十年間は慰霊塔のある鷲神公園で、その後は場所をこの生涯教育センターに変えて、厳粛に執り行われ、延々と引き継がれてきたこの追悼式…だが、経年とともに参加者の数が確実に減少するという現実。
 
 私たちは決して忘れてはならない…過去の事実を 碑文にしたためた想いを。


戦雲はるかに去って、さんざめく平和の歌声。繁栄の道をたどる今、改めて郷土出身の英霊をしのぶ。
 思えば、明治以来わが国は、日清、日露の両大戦をはじめ、第一次世界大戦、満州事変、日華事変、太平洋戦争と相次ぐ国難に出会った。そのたびにわが郷土の人びとは、祖国愛に燃えて戦場にはせ参じ、五百余人が北の山野で、南の海で壮烈な最後を遂げた。生命をかけた殉国の志と遺族の心情はまことに痛ましい。
 戦いやんで二十有八年。新生日本のめざましい隆盛ぶりを見るとき、平和の礎となった人びとの偉大な功績を忘れることはできない。
 ここに一万八千町民の真心を集めて、諸英霊の安らかな冥福を祈り、永遠の平和をねがうものである。

                昭和四十八年八月十五日   女川町長 木村 主税



最新の画像もっと見る

コメントを投稿