本郷 隆 議員日誌

宮城県 女川町議会議員の活動日誌 『ふるさとに本気です!!』

【女川第六小学校・第四中学校 閉校記念式典】

2010-03-28 12:52:45 | 社会活動



本日3月28日(日)午前10時より、『女川第六小学校第四中学校 閉校記念式典』が、同校体育館において約250人の参加のもと開催されました。昨日に引き続いての閉校式、しかも今回は小・中学校2校の閉校ということもあり、より心に沁みる式典となりました。
 六小は明治6年に創設以来136年間、四中は昭和22年に創設以来62年間の歴史(ともに五部浦6集落の教育・文化の発信地)に幕を閉じ、小・中合わせて30人あまりの児童生徒はこの4月より、三小と同様にスクールバスで第一小・第一中学校に通うことになります。
 この統合により、本町内では中学校が2校と小学校が3校に減ります。この度の統合は「時代の流れによる少子化の影響」といえばそれまでですが、「経費削減を主においたものではなく、あくまでもより良い教育環境下(適正人数での学習等)で児童生徒を育成する」という目的から推進したもの、と私は信じます。

 昨日のブログで「地域の皆さんや児童たちの『想い』はいかばかりだったでしょうか…推し量るのみであります。部外者の私にその方々の気持ちを書けるはずもないし、その資格もありません。ただただ画像を紹介するのみであります」と書きましたが、まさに本日もそれを繰り返すしか術がありません。

 この後午後2時より、ホテル華夕美において六小・四中の『思い出を語る会』が予定されています。
 実はわが妻が初任者研修の後補充講師として、六小にこの2年間勤めた(実に20年ぶりの現場復帰であります)こともあって、午前の式典にもそしてこの思い出を語る会にも同伴で参加します。
 ちなみにその後午後6時より同じ華夕美において、『コバルトーレ女川 壮行会&激励会』が開催されます。もちろん私はそれにも出席します。会と会との間に1時間程度アキ時間がありそうなので、可能であれば華夕美ご自慢の夕日が見える露天風呂に入れれば、と期待している昼下がりの私でありました。













最新の画像もっと見る

コメントを投稿