香港電影エイティーズ

香港電影応援団長のKingKongっす!マイケル・リッキー・サミュエルのホイ3兄弟を熱烈応援中!

2018年5月度ランキング

2018-06-01 00:00:01 | 雑感
もう、6月ですか!

観た映画を忘れないように5月を振り返っておきます。

トータル24本でした。
ちょっと少ないね。。。。

まず劇場鑑賞は7本でした。

順位としては

1、「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」
2、「犯罪都市」
3、「孤狼の血」
4、「ワンダー 君は太陽」
5、「いぬやしき」
6、「モリーズ・ゲーム」
7、「ザ・バンド ラストワルツ」

って、ところですかねぇ~。

「アイ、トーニャ」
こりゃあ傑作!
何回も場内で笑いが起き、僕も久々に劇場で爆笑した。
18時半の回でほぼ満席でしたね。
こんな凄惨な実話を笑える映画に仕立てあげる力量たるや見事としか言えない。
演技も演出もパーフェクト。ハーレクインがフィギュアスケーターになるなんて。
とにかくダメダメ人間大集合でめちゃくちゃ楽しめた。

第4の壁、っていうの?観客に話しかける例の手法WWW
自然で、かつ展開にブレーキを掛けないナチュラルトーク笑笑
アカデミー賞受賞も納得。

「犯罪都市」
実に面白かった!
ほどよいユーモアと、あっさりなんだけどじっくり深い、
そーだなぁ、なんかテレビの連続ドラマ3話分くらい長く
(つまり体感3時間くらい?)世界に没頭させてくれた感じ。

新感染でサイコーだったマ・ドンソクだったから観に行ったけど
アタリだった!

「孤狼の血」
飽きずに楽しめましたが、期待しすぎたかもしれない。。。
ちょっと昭和脂ギッシュがコテコテで胸焼けしたかも。
もしかして白石監督と相性が悪いのかな。
俳優陣は大健闘してたし、ラスト納得の展開で満足でしたが
大傑作!というほど手放しで褒め称える映画でもなかった。残念。

思うに、日本の俳優って世界に没頭というか没入させてくれないのかも。
役所さん桃李くんはそこそこ良かったけど
真木よう子とかピエール瀧、石橋蓮チャン、田口トモロウは「既視感」強くて
ましてや江口さんも竹野内さんも没入できない。
新しい俳優をもっと使ってほしい。

「ワンダー 君は太陽」
珍しく試写会に当選し拝見。
ぐぐぐぐ。涙涙涙。
悲しい涙ではなく溢れる優しさに泣けた。
人間は本来優しい生き物なんだよな。

スターウォーズのキャラも登場。
あの傑作「ルーム」の彼が特殊メイクで主役、良かった。


「いぬやしき」
予想を超えず予想を下回らず。ノリさんハマってたね。
佐藤健くんの「バンッ!バンッ!」が良かった。
でも、亜人や東京喰種のほうが好みかなぁ。
同じ監督さんならアイアムアヒーローのほうが良かった。
偶然にも2年前の同じ日にアイアムアヒーロー観てたわ笑

「モリーズゲーム」
ジェシカ”マーフ”チャスティン良かった。
弁護士良かった。
ケビンコスナー良かった。
が、予想を上回る興奮は無かった。。。
140分は長いかな。見せ場があるから充分持つんだけどね。
実名ならもっとショッキングな名作になってただろうけど爆

「ラストワルツ」
30年ぶり、最後の曲はちょっとじーーーんときて涙が出たね。
ザ・バンドも鬼籍に入ったかた多いから、しみじみしてしまった。

大きなスクリーンで!と意気込んでいたが
シネリーブル梅田の4番スクリーンは小さい(悲しい)
最前列に往年のロックファンみたいな壮年たちが並んで観てはったけど
あれが正解だわ。最前列で観たかった。
音響はそこそこ大音量でよかったけど。

400円でパンフレット買ったら、4つ折りで
広げたら当時のポスターになった。
貼りたいけどモッタイナイ(笑)





お次はDVD+動画配信部門、5月度は17本。

未見だった映画だけ(リピート除く)を
☆のカウントで、
面白かった順に並べておきます。


☆☆☆☆☆
ブレードランナー2049(2017)

ブレラン、くぬぬぬぬ。これは劇場で観るべきだった。
予想以上に面白かった。
難解とか寝るとか、そんな危惧は全くなく
世界観、役者、演出センス、すべて良かったわーん。

☆☆☆☆
ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)
泥棒役者(2017)
フォーカス(2015)

ディカプリオのウォール街、ぶっ飛んでたねぇ。
久々にアタマ沸くくらい滅茶苦茶な映画だった。
でも飽きないし楽しいしダレないし、名人芸だわ、スコセッシ。

関ジャニ丸山君と市村正親に笑わされた泥棒役者。
愛すべき佳作。過保護のカホコが最後うまく締めたね。

フォーカスは完全にマーゴット・ロビー目当てで。
だってあまりにもアイ、トーニャが良かったからさ。
上手くできた詐欺師物語でスマート。こんな映画好き。


☆☆☆
ノクターナル・アニマルズ(2016)
ソムニア 悪夢の少年(2016)
奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017)
ヒルズ・ハブ・アイズ(2006)
ムービー43(2013)

☆☆
シンクロナイズドモンスター(2016)
私の頭の中の消しゴム(2004)
リセット 決死のカウントダウン(2017)
オリエント急行殺人事件(2017)
ユリゴコロ(2017)
スペースカウボーイ(2000)
全員死刑(2017)


ラ・ラ・ランド(2016)
いままで敬遠していたララランドに挑戦したが、予想通り全く響かなかった。
エマストーンもライアンゴズリングも良いんだけど
昔懐かしミュージカルのオマージュが全く分からないんだから
仕方ない。オープニングの渋滞シーンも驚くほど普通(期待しすぎた)
グレイテストショーマンが好きな人は、この映画合わない、って書いてあったけど
その通り(笑)


以上っす!




トピックスとしては
ノーラン中毒なので、
ついに、ついに「インターステラー Blu-ray 」を奥さんに観せました。

5月2日、家のテレビだと迫力不足でイヤだったんで
大枚をはたいて梅田アバック座の130インチプロジェクターで
わざわざ上映会!
8,000円も掛かってしまったのに
奥さんは「ふーーん、微妙」という感想。爆死。



6月の期待作は

デッドプール2
ミフネ
七人の侍
焼肉ドラゴン

てな感じですかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年4月度ランキング | トップ | 2018年6月度ランキング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事