ブギーナイツの館 - 青春の蹉跌から超暇人への道までを記すブログ

のんきな人です。とにかくどうでも良いブログ。
https://twitter.com/beef_balls_bot

80年代 その18 ヤンキーと露出の少なさ

2015-09-14 04:11:36 | 今日の1冊
本願寺月光蟲です。

今の35歳以下とそれ以上の世代でイメージが全く違うのはヤンキーカルチャーだ。
80年代後半からヤンキーはダサくなりはじめてて90年代初頭は絶滅寸前。
だがなんだかんだで今でも残ってる。

その35歳以下の方々はわからないというか、恥てほしいんだが、90年代に沖縄アクターなんちゃらの歌手やグループが出てきたわけだが、アレはヤンキーカルチャーなんだよ、、、まじで。
今で言えばエグざいるみたいなカルチャーね。
「ヤンキーはダサい」と言いつつも日本の若者カルチャーはヤンキーカルチャーが売れるわけで。
ヤンキーにヒットしたら日本でヒットするんだよね。
ヤンキーカルチャーは他にもあって、小悪魔アゲハとかアメブロなんかもヤンキーカルチャーだから。



↑江口洋介と織田裕二もヤンキー役でスタートだし。

アメブロも小悪魔アゲハとか好きな連中は「そんな事はない」とか言うかもだが立派にヤンキーだ。

ヤンキーの定義は諸説あるけど半径5メートルにしか興味ないわけで、本能に対し忠実で真面目な話ができないし上下関係が一生モノを言う。

これって、最近羨ましくもあるなあと思ったり。

私がヤンキーに影響を受けたのは、「夏祭り以外は肌を出さない」って事でした。
80年代のヤンキーはとにかく肌を出さない。
特に女のヤンキー。
すげー、徹底してて、そこがかっこ良かったんで、なるべく肌を出さないファッションにして今を生きてる(笑)

まあ、ひろしとトオルも学ランばっかだし(笑)



で、平成、2000年代のビーバップはこれだ(笑)




80年代後半のヤンキーはブルジョワジーで(笑)
一昔前のヤンキーはいたんだがやはり淘汰されてたよなあ、、、。

よし、さらに肌を出さないようにしよ!






この記事についてブログを書く
« 今日の1冊 封印された日本の... | トップ | 人畜無害かそうでないか 服服服 »
最新の画像もっと見る