天網恢恢疎にして漏らさず

長らく「裏日記」扱いでしたが、遂に表サイトとリンクさせました。だから何?って感じですが(滝汗)

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー@試写会」66

2011年10月05日 | 映画感想
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」

久々に試写会自力当選したわー。この映画、そんなに話題になってない気がするんだけど(ヲイ)
何故か試写会がTV局各社合同で1回のみ。
普段ロクに当たらない割にこーいうちょいコアな試写会にちゃっかり当たったりする♪私ってくじ運いいのかしら?^^

マーヴェルコミック最初のヒーロー?「キャプテン・アメリカ」が満を持して映画化。
すまん。知らん。(←いきなりw)だってアメコミに興味ないんだもーん^^;
でもちょっと調べてみると、キャプテン・アメリカの原作コミックが最初に登場したのがなんと1941年3月
第二次世界大戦が始まる前だよ。コレは凄過ぎんだろ。
そして数々のアメコミヒーローの原点とも言われているらしい。キャプテン・アメリカから派生した、または共演(?)した
アメコミヒーローは数多く、アイアンマン、ウルヴァリン(X-MEN)、マイティ・ソー、ハルク他多くのアメコミキャラとの
繋がりを持っているというのも特徴的だと思う。

さて映画に話を戻す。
本作はそんな「キャプテン・アメリカ」がどうやって生まれたのか、という最初の原点の話。
スティーブ・ロジャースは正義感溢れる善良な心を持った青年。彼の望みは軍隊に入って早く戦争を終わらせる事だったが
病弱で貧相な体な上、身体能力も劣るスティーブは何度志願兵に応募しても合格しなかった。
スティーブの様子に目を留めた軍医のアースキン博士は彼をある実験の被験者になるように勧める。それは軍が極秘に進めていた
「スーパーソルジャー計画」の秘密実験で、被験者の体に「超人血清」を注入する事で、その被験者が持つ全ての能力を最大限に
増幅させる(心身ともに)という物だった。果たして実験に成功したスティーブは強靭な体と強い正義の心を手に入れたのだが・・・

なんだかんだでマーヴェル・レーベルはソツなく面白く作ってある。
金の掛け方が日本とは桁違い、本当にスクリーンで見て楽しむのに最適な「アメリカ~ンなド派手どっかんどっかん☆映画」
基本的にアメコミ映画ってハズレがないから個人的になるべく見逃さないようにしてるつもりだし、特に「アイアンマン」辺りは
積極的にかなりお好みのキャラなので♪新作が出来るのを心待ちにしてるタイプ♪^^

んー。それにしても本作はちょっとダレたなぁ。
キャプテン・アメリカの原作コミックとの絡みや今後の展開(続編)の為に本作では事細かにキャプテン・アメリカの成り立ちを
丁寧に描かなければいけなかった?のかもしれないけど、映画序盤はキャプテン・アメリカは「軍の広報活動マスコット」として
活動しているので延々だらだらと「ベガスのショータイム」みたいな映像が続くんですよね。ダレますわ^^;

更に言えば敵キャラ「レッド・スカル」に魅力がない。
最初物凄い強いキャラなのかな?って期待してみてたんだけど、エラソーに世界制覇だなんだとうそぶく割に
キャプテン・アメリカ達が基地に乗り込んで行くと、ロクに戦いもしないで基地を自爆して逃げる。
本作、中盤以降はいかにもハリウッドらしい戦闘シーンも沢山登場する訳ですが、そのほとんどが「こんな感じでダダーッと敵をやっつけてー」
みたいな「戦闘シーン・ダイジェスト版」みたいな大流しな感じでザーッと絵が流れるだけで臨場感が今ヒトツ。

そしてこの手の映画はやっぱり「ラスボス戦」が一番盛り上がって観客とヒーローが一体感を持つ(べき)部分だと思うんだが。
・・・あんまり書くとアレだね。既にネタバレっぽいんだけど(苦笑)

まあそんな訳で、個人的にはあまり評価の出来ない作品だったなーと。ちょっとがっかりした><

でもね、劇中にアースキン博士の助手で科学者「ハワード・スターク」なる人物が登場するんですがー、
この方って苗字からして・・・我らがトニー・スターク様(←アイアンマン)の爺さんに当たる方?よね?そーよね!?
だってちょっとエチーな感じの口髭とかしてるし、どことなくトニー・スターク様と通じるような風貌だもの!キャー♪





       ↑
 ネットで検索して拾って来た「トニー・スターク様」の参考画像 アヒャ♪エロカッコヨス♪


それから・・・今現在、本作の続編「ザ・アベンジャーズ(2012年公開予定)」の撮影をしているそーなんですが、
それに関して本作の本編終了後(ラストのスタッフロールの後)に結構長尺の「おまけ映像」が流れますので
本編が終わったからって慌てて席を立たないで、必ずスタッフロールの最後の最後までご覧くださいませ。
トニー様もご出演されるらしいし。ちょっぴり映像に出て来るし。ウヒョ♪

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「アザー・ガイズ 俺たち踊... | トップ | 今週の積みネタ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハワード・スターク (さると)
2011-10-06 20:55:56
は、トニーの父でした。(^_^;←気になって調べた人

そもそも、アイアンマンことトニーが赴いた戦地ってのが
ベトナム戦争だったようで。←原作がそうなのかと

トニーの愛車がアウディR8だから現代と勘違いするよねー苦笑
Unknown (三谷眞紀)
2011-10-06 22:54:09
あとのほうで出てきたトニー・スターク様の画像で椅子から転がり落ちました。
そして白メシ3杯いってしまいました。
ちょうどお昼ごはんのときに読んでいたので

あら?意外にレスがあって驚いたワ^^; (管理人)
2011-10-07 21:40:27
>さるちー

あ、そーなんだ。ジーチャンかと思ったらダディだったのね。
そーよね、そもそもアイアンマンってベトナム戦争が発端だもんね。
そこんとこさ、映画とコミックで時代設定が微妙に変更されてるじゃない?
それで私も混乱しちゃったのよ。

ま、どっちにしろトニー・スターク様のエロカッコ良さは異常♪(萌)

>眞紀さん
はい出た、トニー・スターク様ファンwww
つか、トニー・スターク様の魅力が判らない女子が気の毒で仕方ないわよねっ!?

まー本作、そんな萌え萌え♪なトニー・スターク様の原点を見る、という「緩い気持ち」で
気が向いたら劇場に足を運んで頂ければね・・・って感じで。
何しろ本編終了後のおまけ映像でトニー様がご降臨あそばされますしネッ!←そこだけかよw

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事