心の運動・胃の運動

Honeyの見たり食べたり…日常画像日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二期会オペラ 『魔笛』

2005-03-06 | ballet&classic
素晴らしかったです~!

これでこそ、天下の(?)二期会オペラ。
先日のオペレッタ、なんか精彩が不足しているように感じて、
この日はあまり期待して居なかったのですが、
歌手さんたち、みんなすごく良かった。
ベテランでかためていたのかな?
指揮者や監督がよかったのかな?
なんでもいいけど(笑)

特に、井上ゆかりさんのパミーナ!
外人歌手にも負けない堂々たるソプラノ。
夜の女王の飯田みち代さんも、十分な迫力もあり、
しかももの柔らかな声の質感には、
もううっとり。

男声陣タミーノもパパゲーノも、その他もろもろも
みな素晴らしかった。

オケは東京フィルで、指揮は下野竜也さん。
こちらも上々の出来栄え。
出だしが、とろ~としていてやや不安を抱きましたが、
始まってみると、どんどん物語と一体になって
繰り出す繰り出す・・・
手は短いけれど、きびきびと生き生きとした指揮振りの下野さん、
よかったですね~!

演出は・・・
そうあの実相寺さん。
TVネタの出血大サービス?(笑)
まさか、往年の人気怪獣がオペラの舞台に
しかも、あんなにゾロゾロ出てくるとは!(爆)

そんな、”ネタ”にはダマサレナイゾ
と、厳しく(?)観ていたけれど、
歌手良し、オケ良し、舞台演出も楽し。

大満足でした。

【蛇足】しかし、あのタミーノのいでたち。
ジョン万次郎かと思った!(爆)
そして3人の侍女の衣裳、無理があるな~・・・
夜の女王も。
でも、パパゲーナはすごく着こなしていました。(^v^)v
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 金聖響指揮 東京フィル 『... | トップ | マシュー・ボーンの『白鳥の湖』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ballet&classic」カテゴリの最新記事