本部やすとしブログ(本部仁俊)

今年の私の目標は「動」です!元気の出るセミナー50箇所で実施し、笑顔あふれる延岡づくりに全力投球いたします(*^_^*)

大晦日に試練が

2010-12-31 22:40:18 | Weblog
今年もあと二時間です。今、妻の実家の阿久根市にいます。朝、延岡をでて阿久根市に向かいました。雪の影響で通常四時間で着くところが十二時間かかりました。今年の最後の日に試練でした(x_x;)。高速道路はすべて雪で通行止め(・・;)都城からずっと国道を通らざるおえなくなりました。鹿児島から国道3号線に入ったらまぁ大渋滞。雪もすごくなりチェーンが必要な状況に(゜Д゜)しかし、車屋もどこも売り切れ。ドキドキしながらトロトロハンドルをもち続けました。常に選択です。どこを通るか、どっちに行くか、行くか戻るか…対向車に情報を聞きながら決断して来ました(^-^)あまりにもすごい雪て゛途中どうなることかと思いましたが…(・・;) 私は大晦日が今年の最大の貴重な体験の日でした。ありがたや(^-^)
皆様今年はどのような年でしたか?よい年をお迎え下さい!
(写真は鹿児島市を過ぎたところで撮影した前を走る車〓です。)
コメント

大学の想いで。

2010-12-30 18:08:38 | Weblog
 今年も残り2日。早いものです。指宿にいる大学の後輩から届き物が。30年近くたってますが、今でもみんなと繋がっています。それほど大学での絆は深かったということです。自動車部の主将としてラリーをしたり、誕生日といっては飲んだり、大学際で飲んだり、打上げで飲んだり、コンパで天文館に立たせ活を入れて飲んだり、ふられたと言っては励ますため飲んだり、部を辞めるというので送別会で飲んだり、また、入部するとのことで飲んだり・・結局飲んでばかり。でもそうやって後輩と腹を割ってとことん付き合ったお陰で今でも親交があるのです。4年時には、第21代体育会会長として膝までの学ランにパンチパーマ。今思えば見るからに恐ろしい男でした。テレビドラマになりそうな大学生活でした。青春の一ページです(親は泣いてました
写真は大学時代の体育会役員と主将連中と。右から二番目がやせていた頃の私
コメント

三男祖父宅へ

2010-12-29 23:29:58 | Weblog
 三男が鹿児島県阿久根市のおじいちゃんの所に行くために熊本まで連れて行きました。妻の弟が大阪府庁にいるため車での帰省にあわせて高速のPAで待ち合わせ送ってもらうためです。毎年、私も両親がいないため正月は阿久根市で過ごします。
 今年は、来年選挙という事もあり、正月もあいさつ回りです。阿久根市に毎年、妻方の兄弟と私らが行き(総勢13名)にぎやかな大晦日・正月ですが今年は少々寂しくなります
 今年もあと二日 本当に早かった
 
コメント

師走

2010-12-28 23:42:30 | Weblog
 師走と言うだけあり、我々も選挙を来年4月に控えていることも手伝い慌ただしい毎日を送っている。さすがに忘年会は終わりホッとしたところ。今月だけではしごも含め19回の忘年会に参加。一つは中止になったのであれば20箇所。ありがたいお誘いです。一度に多くの方々と話ができるので大変感謝します。来た方々のところを個別に尋ねると思えば大変です
 選挙に向けた名刺やリーフレット、議会たよりなどデザインや校正など大変でした。それにあいさつ回り等重なり、まさに師走でしょうか延岡市議会は元々、今問題になっている政務調査費はありません。議会たよりの印刷代や図書費、研修費など全て自費です。市役所に行っても国会議員のような立派な執務・応接室は当然無く秘書もなし。市役所に行けば会派ごとの控え室のみ。ここには長机で各人の机もありません。パソコンはオフライン。インターネットも見れない状況です。ですから、市役所では基本的に仕事はできにくい状況です。全て自宅にて行っている現状です。
 
コメント

青少協新聞が届くまで

2010-12-27 23:30:31 | Weblog
 朝、野口記念館に次男を連れて行き、約7,000枚の印刷した南中青少協の新聞「そよ風」を各地区ごとにわけもって行きました。一月号の「広報のべおか」に校区内の各家に届くように「そよ風」を入れるために、青少協広報部員とともに、作業に参加しました。
 今日は、「広報のべおか」一月号に入れたい印刷物(全戸配布)や回覧でいい印刷物を持って行き区分けと挿入の作業がありました。寒い中を、市の広報係の職員と我々のような持参組みが作業を行いました。
 この青少協の広報紙は広報部で①新聞取材校正→②理事会報告承認→③新聞作成→④業者依頼印刷→⑤各地区の数分区分け→⑥延岡市広報紙と一緒に仕分け作業→⑦業者が各地区へ配達→⑧各区長さんが「広報延岡」に入れ込み作業もしくは各組の数へ振り分け作業→⑨各組長さんへ数分持参→⑩各組長さんが各家へ持参もしくは回す→⑪各家で見る。
 このような過程を経てやっと我々が作った広報紙「そよ風」が各家庭に届きます是非、皆さんに見ていただきたいです。この新聞が届くまでに、大変な作業が行われています
 その後、印刷会社との打ち合わせや、青少協の会議など朝から夜まで動き回った一日でした
(写真は野口記念館前であった「広報のべおか」に入れる作業の始まる前。寒かった
コメント

宮崎県新リーダー決定!!

2010-12-26 23:03:49 | Weblog
 宮崎県知事に河野しゅんじ元副知事が大差で当選。46歳の若い発想も含め宮崎県の舵取りをしっかりして欲しいと思います。待ったなしの県の財政状況。県の総務部長の経験からしっかり基盤整備も含めマニフェストの実行期待いたします
 (写真は新知事を迎える宮崎県庁前で来春の選挙の決意のポーズ。しかし、写真を撮る時、県庁前の警備員の方がいなくなったが、終わったらまた建物から出てきましたすごい写真に写らないようにさりげない気配りに拍手
コメント

知事選挙

2010-12-25 23:37:40 | Weblog
いよいよ明日は知事選挙です。民主党県連幹事会出席のため宮崎市へ。ウグイス嬢と立候補者の最後のお願いの叫び声が響いてました。この声を聞くと来年の自身の選挙を思い出し身震いします(x_x;)。また、今夜は特に寒いのも原因かも…(^^;)。さすがに山形屋前の帰陣式も熱くて寒い?!
投票率が大変気になる所です。今、色々な意味で注目されてる宮崎のリーダーを決めるのですから(^-^)多くの方に投票して貰いたい!!
(写真は本文とは関係ありませんが生け花で心を癒やす!?)
コメント

クリスマスの思い出

2010-12-24 23:47:50 | Weblog
 今朝は子ども達の足取りも心無しか軽く「おはようございます」の声も元気でした
 それもそのはず、今日が終了式。冬休みになり、クリスマスにお正月一番楽しい休みです
 私が小学生の時は、旭化成の労働組合の『旭連』で南社宅の親子会主催クリスマス会がありゲームやプレゼント交換等楽しく過ごしたことを覚えています
 今は、延岡市も親子会自体が減ってきて、このような催しも無くなってきています。地区のみんなで集うということは、親同士のつながりも含め意味があることなのですが・・・残念ながらこんなところから関わりが少なくなってきています
  ケーキを食べてケンタッキーを食べることも大切ですが、クリスマスは命の誕生を喜び合う日であり、生まれた赤ちゃんを迎える日等幸せの道や未来、家族の大切さ、心の温かさを感じ、新しいスタートを切る日。心から感謝しそれを伝え合いましょう(写真は私の手製の昼の料理。鳥はね身のにんにく醤油漬けソテー:右上、豆腐とわかめなめたけの味噌汁、白菜の朝漬けです。評判グー) 

コメント

地区餅つき参加(戦場カメラマンとして参入!)

2010-12-23 23:46:49 | Weblog
  昨晩今月19回目の忘年会に参加。はしごも含め、今月は本当に今日まで多くの方々と話ができました。連日連夜ですが、昨日も3次会まで参加。あと一回で忘年会は終わり予定。また、新年も多くのお誘いがあり好きな焼酎が飲め色々な方々と話ができます。わくわくします
 今日は、朝から地区の餅つき会。子ども達も10人ほど参加。地区の方々は20人ほど準備も含め来られてました。親子会が無くなったため、地区主催で行っています。私も中三の三男と妻と参加。中学生の参加は三男のみ。親子二人で餅つきもしました敬老会の方も二人でついている時、区長が「二人合わせて165歳」82歳と83歳の元気な先輩方もペッタンペッタン。小学生から高齢者までのこのようなイベントはずっと受け継いでいきたいものです。高齢者の方々も頼られると活き活きして参加して下さいます「頼る」ということが大切です私は子ども達を喜ばせるため小道具(かぶりもの)を使い参上大うけでした餅は3回つき参加した地区の方々、子ども達へ。柔らかくてつきたての餅はおいしい(写真は戦場カメラマンのかぶりものをして登場した私です隣の三男は他人顔
コメント

乳ガン検診の必要性

2010-12-22 23:29:13 | Weblog
今日は研修で乳ガン検診の必要性を知りました。20人に一人が乳がんになっている事実2009年は11,177人が亡くなっている事実(交通事故死より多い)現在胃がんを抜いて女性のガンの一位です。要は検診して防ぐことが一番という事です。20%未満の受診率では初期発見事態難しいということです改めて女性は自身の触診も含め考えなければいけないことを痛感しました。実際に模型を触ってみて乳がんのしこりを体感しました。
 夜は、あいおいニッセイ同和KKの忘年会に参加。戦場カメラマンの渡部陽一氏も乱入し盛り上がりました(写真は乳がんの自己触診用の模型をもってけして怪しいものではありません
コメント