日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

ため息をどうするわけでもないけれど

2018年08月03日 12時43分15秒 | 思うがままに

ため息をどうするわけでもないけれど少し厚めにハム切ってみる

 

俵万智さんのサラダ記念日は一世を風靡しましたね。

 

これをもじって

 

ため息をどうするわけでもないけれど少し厚めにファンデ塗ってみる

 

私は、夏が大好き!

と、豪語していましたが、今年の夏は強烈です。

 

出るのはため息ばかり。(笑)

20年ほど前からノーファンデーションで、日焼けなんか怖くないと思っていた私が、まさかの日光湿疹。

 

インドでは何ともなかったのに

 

かくして私は、慌てて日焼け止めクリームとファンデーションを買いもとめ、日傘をさし、綿の長袖のブラウスかパンジャビスーツという出で立ちで、この夏に勝負をかけています。

 

皆さんもどうぞ熱中症と、日焼けにはくれぐれも、お気をつけてお過ごしください。(荻山貴美子)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ヨーガ瞑想研究 | トップ | 田原豊道先生の驚異的な体力... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日光皮膚炎 (姫神山)
2018-08-04 10:26:31
日光皮膚炎、お察し致します。
私は40代始めに発症しました。
それまではノーメイクで真っ黒に日焼けしても平気でしたが、グァムに行った翌年に突然真っ赤になり発疹!
一生のうちにこれだけは大丈夫。という容量を超えると体が反乱を起こすのでしょうか?
それ以来、長袖、サングラス、帽子の夏。
以前はそんな格好のオバサマに「そこまでして日焼けしたくないのかしら?」と思ってましたが、以来「人の行動には其々理由があるのだ」
と理解した私でした。

目からも紫外線が入るのでサングラスも必須です。
どうぞお大切に
今日もシャーンティな1日を。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。