日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

ムスーリでダンス

2018年07月28日 14時35分48秒 | 思うがままに

台風の接近で何か騒然とした感じです。
自然災害の恐ろしさを嫌というほど体験されている方には生きた心地がしないでしょう。
またまた大きな被害が起らないことを心から願っています。


7月14日 朝8:45 成田で集合して11:15発のデリー行きの飛行機に乗りました。毎年1年前から綿密に立てている計画です。100%オリジナル。
デリーについてからすぐにホテルに泊まるか?
一気にアグラに行くか?
迷うところでしたが、田原豊道先生、谷奥徹男社長と相談の結果。旅の初日はまだまだ皆さん元気が有り余っている…という想定で一気にアグラへ。バスで約5時間。

アグラのホテルは素晴らしかったです。
翌朝はゆったり。
午後はタージ・マハールをゆっくり見学。
久しぶりのタージマハールでした。田原先生も私も、もう何度目になるのでしょう?
そしてこの後アグラ城へ…

ホテルでの夕食はすこぶる美味しい!
「荻山先生、それで3皿めですよ!」と言われるほど…。
田原先生の食欲も旺盛で元気ハツラツ!

さて、翌日は早朝の出発となりました。4時起きだったと思います。ホテルで作っていただいたお弁当を手に、すぐにいただく方、ひと眠りしてからいただく方さまざまでした。バスで5時間デリーに向かいます。別に私たちは何をするでもない。ただ乗っているだけ。

途中ドライブインで休憩したり、とにかく皆さん楽しそう。
今回はデリーから飛行機でデラドンへ。デラドンは亡くなったスワミ・チダーナンダ老師が静養されていた場所で、お亡くなりになる直前に奇跡的に体調が少し回復され、ご招待を受けた土地でしたからよく覚えていました。
デラドンからリシーケーシにはさほどの距離はありません。一路リシケーシに。

リシケーシのシヴァーナンダ・アーシュラムでの出来事はまた、後程…。
とにかく大歓待を受け、忘れられない思い出の1ページを飾ったことと確信しています。

シヴァーナンダ・アーシュラムとお別れして皆さんは聖地ハリドワールとバザールへ。


田原先生と私はひと足お先にムスーリに移動して皆さんを迎えます。
ムスーリだけははじめての地。
一瞬、ヨーロッパに来たのかと錯覚をするほどの別天地。標高2,000メートルで朝晩は寒いくらいです。


リラックスの極致。
地元の民族舞踊も谷奥さんのお計らいで見せていただきました。

そこで私たちも黙ってはいられません。(笑)(荻山貴美子)




 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 何という殺人的な暑さ! | トップ | ヨーガ瞑想研究 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なダンス (小林美加子)
2018-07-29 16:49:09
皆さんとても楽しそうで素敵なダンスですね。みているこちらも楽しくなりました。
日本は暑くて大変ですが、時には素敵な音楽とダンスで日々を彩りたいものです。
優雅な旅 (K.T)
2018-08-01 09:27:26
旅の行程を心でなぞりながら、優雅な気分のお福分けを戴いています。
荻山先生が3皿もおかわりなんて!とても美味しかったのですね。
ダンス映像をテレビの大画面に映し出して、一緒に踊ってしまいました。(笑)本当に楽しいですね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。