24時間ミネラル健康温浴器の自家おんせんです。

24時間風呂の欠点を克服し、菌がいない安全で透明なミネラル健康温浴器を開発・販売している株式会社自家おんせんのブログです

24時間ミネラル健康温浴器はどれだけお得?

2019-05-14 09:47:13 | ミネラル健康温浴器

24時間ミネラル健康温浴器『温寿』の、京都市内に住むユーザー様(2人世帯)の、『温寿』の水道光熱費を計算してみました。(平成25年)

 

1.水道料金:1年間で20,406円の節約

浴槽は250ℓです。

3ヶ月に1回、お湯を交換した時の、年間で節減できる水道量は 約90㎥です。

京都市の水道料は2ヶ月に1度の徴収ですので

90㎥ ÷ 6 = 15㎥

                        水道管径は 13・20mmです。

 

 

15㎥の京都市の料金(H22年)は ¥1,984 ですので

水道料金は  1,984円 × 6 = 11,904円/1年間

下水道料金は 1,417円 × 6 =   8,504円/1年間

合計で20,406円の水道料金が1年間で節約されました。

 

 

2.ガス代:1年間で 71,316円の節約

水の水温平均15℃を40℃まで沸かす為に必用なガス量は 年間357㎥

357㎥ ÷ 12 = 29.75㎥/月 = 5,943円/月(平成25年時)

5,943円 × 12 = 71,316円

 

 

3.電気代:1年間で 53,769円

 

4.『温寿』使用で、毎日お風呂を換えるより、1年間で 11,709円 の お得!。

『温寿』をつかえば、浴槽のお湯は毎日交換する必要はなく(この事例では3ヶ月に1回、浴槽の水を換えています)、電気代がかかる代わりにガス代がかかりません。

 

 結局、温寿にかかる水道・光熱費は

電気代 ー(水道料金 + ガス代) 

=53,769円 ー (20,406円 + 71,316円)

= -37,953円

温寿の、ミネラルや銀イオンなどの消耗品が1年間で 26,244円

37,953円 - 26,244円 = 11,709円

 

 

以上のように、いつでもミネラル温泉に入れて、浴槽の掃除が不要、その上年間1万円もお得になるんです。

これはあくまでも1例です。

プロパンガス地域だったら、もっとお得になる・・・・かも。

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 水道の水が飲めるのは良いこと? | トップ | 24時間風呂での6日間連続試験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミネラル健康温浴器」カテゴリの最新記事